fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第14話 前編



 第2クールの幕開けにして、1980年の第一弾である、第14話「ハエジゴクジン 仮面ライダー危機一髪」である。ちなみに放送は1月4日。

 今回から、ライダーのサポート役が病気降板した田畑氏から、塚本信夫氏にかわり、ライダーたちの拠点も喫茶ブランカと言う店に移る。準レギュラーは以後も入れ替わりがあるが、最終回までの基本的な設定はここで固まる。

 まず予告編。

 PDVD_038.jpg
 手摺をかっこよく乗り越えてカメラの前に参上。

 PDVD_039.jpg
 洋「やあ、次はハエジゴクジンとの戦いだ(後略)」
 口の動きと声が全然あってない(笑)。


 PDVD_041.jpg
 正月4日の放送と言うことで、振袖の女の子に羽根突きをさせている。これで正月だと押し切るスタッフ。

 PDVD_042.jpg
 カウボーイスタイルのお尻が色っぽいミドリさんが、ハングライダークラブにやってくるが、

 PDVD_043.jpg
 建物から出てきた弟シゲルに、志度会長の置き手紙を渡される。そこへちょうどユミとミチもやってきて「おめでとう」と軽く挨拶を交わす。

 PDVD_045.jpg
 手紙には、達筆で「ネオ・ショッカー対策委員会の要請で当分海外に行きます。大原のブランカと言う喫茶店に行って、谷源次郎と言う人に会いなさい……」などと書かれてあった。

 随分強引な処理だが、まあそれでも一応姿を消す理由が示してあるからマシな方だろう。
 16話で姿を消すミチ(右端)なんか、何の説明もないままフェードアウトの憂き目を見ているからな。

 PDVD_047.jpg
 一方、筑波洋は一足先にブランカにやってきていた。客がいないことで有名なブランカだが、この初登場時にはちゃんと客がいる。ただ、カウンターには店長の沼さんだけで、女の子のひとりもおらず、これでちゃんと経営できていたのか疑問である。この回の終わりで、ユミたち三人がバイトとして働くようになるのだが……逆に一気に三人も雇って大丈夫なのかと言う疑問も湧く。

 それはともかく、沼さんは「富士急ハイランドで会おう」と言う谷の手紙を洋に見せる。

 PDVD_049.jpg
 で、美しい富士山を背に、富士急ハイランドへバイクを飛ばす洋だった。

 PDVD_050.jpg
 その富士急ハイランドの地下には、ショッカーの秘密基地があり、ハエジゴクジンと言う今回の怪人が、部下たちにこと細かく今回の計画の説明をしてくれる。

 要するに、彼の体から出る毒液を風船につめて、東京上空で破裂させたれや、と言うものである。だったらさっさと実行すればいいのに、風向きなどを調べるためか、風船をたくさん飛ばしては実験しているのだった。

 PDVD_051.jpg
 作戦の進捗状況を報告に来たハエジゴクジンに、「スカイライダーに気を付けろ」と訓示するゼネラルモンスター。今回のお仕事はこれだけです。

 PDVD_054.jpg
 さて、日本一の遊園地・富士急ハイランドにやってきた洋。普通に営業しているなかに、村上弘明を投入するというムチャなことをしているが、まだ番組は始まって間もなく、それほど騒がれはしなかっただろう。よく分からんが。

 PDVD_055.jpg
 谷と言う人を探していたが、遠くからこちらを見ている怪しい男に気付く。

 どう見ても塚本信夫なのだが、

 PDVD_056.jpg
 洋は後を追い、間近でサングラスを取った顔を見てやっとそれが「先輩」だと悟るのだ。

 PDVD_057.jpg
 洋「谷さんと言うのは先輩のことだったんですか」
 と言う台詞から推測するに、彼は元々別の名前で、洋の大学の先輩か何かだったのだろう。

 もっとも、洋の先輩にしてはいささか年上過ぎる気もするが。

 谷はネオ・ショッカーに家族を殺されたと打ち明け、洋と共に戦うことを誓う。無論、友人の志度会長から洋がスカイライダーであることは知らされているのだろう。


 PDVD_059.jpg
 園内で、ショッカーの飛ばした実験用の風船を拾う女の子。これ、「おしん」の小林綾子さんなのだ。彼女は22話にも出演している。

 PDVD_060.jpg
 その母親役の八百原寿子さんも、この作品ではちょいちょい出てくる女優さんです。

 風船には何かの機械のような物が付属していた。それを見ても、無論ふたりは気にせず歩き出すのだが、秘密を知られたと慌てた怪人、いきなり襲い掛かるのである。

 今回、このパターン(実験の手掛かりを発見されたと思い込んで襲う)ばっかりである。

 そりゃ、こんなところで実験してたら気付かれるわな。

 しかもその現場をライダーに邪魔されると言うおまけつき。

 PDVD_063.jpg
 ジェットコースターと富士山をバックに変身する洋。ブログのトップ画像はここから取っています。

 めちゃくちゃかっこいいシーンである。

 PDVD_065.jpg
 新年一発目に子どもたちの心を掴む必要を感じたのか、ここで結構長いことバトルが演じられる。それも走っているジェットコースターの上でのアクションである。

 PDVD_066.jpg
 命綱なしでやってるとしか見えないのだが、ちょっと凄いよね。

 まあ、撮影用に、低速で動かしているんじゃないかと思うが……。

 結局怪人は退散する。

 PDVD_069.jpg
 その後、遅れてやってきたミドリたちと合流する。
 ユミの「谷さんて人見付かったー?」と言うひっくりかえったような台詞が印象的だ。

 谷もやってきて互いに自己紹介。

 PDVD_070.jpg
 挨拶するユミちゃん(巽かおり)。貼りたいだけです。

 その後、ミドリたちも面白半分でネオ・ショッカー基地の探索を開始するのだった。

 PDVD_072.jpg
 ユミは、なんかソフトクリーム食べながら探している。

 で、ここで、

 PDVD_073.jpg
 さっきと同様、実験用の風船がミチとシゲルに拾われる。
 で、ミドリたちと合流した際に風船が破裂する。

 PDVD_075.jpg
 驚いてちょっと可愛いポーズになるミドリさん。

 PDVD_076.jpg
 それをモニターしていたハエジゴクジン、「秘密を知られてはまずい、あいつらを始末しろ!」とまた余計な命令を出すのである。

 続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

志度博士の手紙

当分と書かれていましたが、永遠です。それは彼を演じた田畑孝さんが放送中に亡くなったからです。

Re: 志度博士の手紙

そうですね。悲しいことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター