fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第9話



 全国の巽かおりファン(推定4人、筆者含む)のために、最後まで続ける所存のこの企画。

 第9話「コブランジンの殺人軍団」


 PDVD_035.jpg
 冒頭、道着姿も清々しい筑波洋(村上弘明)が道場で空手の師匠である中田博久と練習試合を行っている。

 相手はあの中田博久だ。
 どう考えても洋の方が強いのだが、

 PDVD_036.jpg
 空手の世界チャンピオンの中田博久は、改造人間である洋を打ち負かしてしまう。怪しい。八百長臭い。洋、金でも借りてるのか。

 引き続き、中田博久の息子たちと稽古に励む洋だった。

 一方、都内では様々な格闘スポーツ分野の猛者が、何者かに魅入られたように誘われ姿を消す事件が頻発していた。

 PDVD_037.jpg
 ちゃんとボクサーの時は本物のジムでロケをしているのがえらい。

 PDVD_038.jpg
 プロレス界からは、ミスター怪力こと、団巌が狙われる。

 彼は怪しいサングラスの男(中屋敷鉄也)の不気味な目に睨まれると、たちまち正気を失い、男に従って消えてしまう。

 PDVD_039.jpg
 中年男の悲哀が滲むミスター怪力の背中。

 トレーナー(左)の方が強そうだ。


 無論、これはネオ・ショッカーの仕業であった。

 PDVD_040.jpg
 大幹部ゼネラルモンスターのところへ、今回の怪人コブランジンが作戦の経過を報告に来るのだが、この時、怪人が「昇格おめでとうございます」とお祝いの言葉を述べる。パッと見ただけでは全然わからないが、軍服が変わって、階級があがったらしい。

 ただ、前回も見事にライダーに負けていたのだが……。年功序列かな。

 PDVD_041.jpg
 それと同時に、左手が巨大な鉤爪に変わっている。

 かっこいいけど、日常生活はかなり不便そうだ。茶碗も持てない。

 今回の作戦は、格闘技の一流選手を集め、洗脳し、戦闘員としてライダーにぶつけるという、やっぱりそうかと言う、単純なものだった。

 やがて、選手の誘拐を実行するサングラス男の魔手は先ほどの道場にも伸びる。ただ、彼の狙いは中田博久だったが、あいにくと不在だった。が、父親である中田博久のことを馬鹿にされた長男が、果敢にも勝負を挑む。

 PDVD_044.jpg
 長男「ああんっ痛いっ」

 しかし、その正体は怪人コブランジンであるサングラスの男は滅法強く、半端な空手オカマ野郎など敵ではないのだった。

 PDVD_049.jpg
 幼い次男は、危険を察して志度・ハングライダークラブの洋のところへ助けを求めに来る。

 今回のライダーガールの出演はこのカットだけ。ミドリはまだ一言台詞があるが、ユミ(奥)にいたっては、台詞すらない。と言うか顔すらちゃんと見えない。ちくしょう。

 慌てて洋が道場に駆けつけるが、既に長男は倒されていた。ちょうどそこへ、中田博久が帰ってきて、サングラス男と改めて闘う。

 PDVD_045.jpg
 熱戦が続くが、中田博久はめちゃくちゃ強く、怪人ですら倒してしまう。怪しい。八百長臭い。こいつも金借りてるんじゃないのか。

 形勢不利と見たサングラス男は適当に切り上げて道場を出るが、追ってきた洋の前でその正体を現し、今度は洋と打ち合う。

 PDVD_046.jpg
 シルエットによる戦いが、とても綺麗で迫力満点。

 その後、コブランジンは次男を誘拐して洋と中田博久を呼び出し、例の格闘技軍団に襲わせるのだが、ライダーと世界チャンピオンのタッグの前には歯が立たないのだった。

 PDVD_047.jpg
 中年男性の哀愁が滲むミスター怪力の背中。

 PDVD_048.jpg
 中年男性の哀愁が滲むミスター怪力のたるんだお腹。


 最後は人質の子供を助け、怪人を倒してめでたしめでたし。



 ユミちゃんの出番がないとやる気が起きん。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ジェネラルモンスターのルックスが変わったのも番組強化策の一環なのですが、ジェネラルモンスターは前のお話でライダーに徹底的に倒されているので、「昇進」と言うのは確かに矛盾していますね。
それ以上にこのお話では、やはり普段はライダーのスーツアクターをもこなす中屋敷鉄也さんの名悪役ぶりが目を引きます!この人間態コブランジンは、「ZX]のタイガーロイド=三影英介(その際は同時にスーパー1のスーツアクターも!)、「シャリバン」のクマビーストと並び中屋敷さんの三大人間態怪人とも言えるでしょう!

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第9話(01/21)  

笑太郎様
>ジェネラルモンスターのルックスが変わったのも番組強化策の一環なのですが、ジェネラルモンスターは前のお話でライダーに徹底的に倒されているので、「昇進」と言うのは確かに矛盾していますね。

それ以前に、なんか一度死んでなかった? と言う気がするんです。

>それ以上にこのお話では、やはり普段はライダーのスーツアクターをもこなす中屋敷鉄也さんの名悪役ぶりが目を引きます!この人間態コブランジンは、「ZX]のタイガーロイド=三影英介(その際は同時にスーパー1のスーツアクターも!)、「シャリバン」のクマビーストと並び中屋敷さんの三大人間態怪人とも言えるでしょう!

中屋敷さんがやるとその強さに説得力が出ますよね。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第9話(01/21)  

この回の初見時はキャプテンウルトラは昔の話で、この当時は完全に悪役俳優となっていた中田さんが出ていたんで・・・、

1 どこかで怪人に改造される。
2 殺されて怪人と入れ替わってしまう。
3 実は最初からネオショッカーの怪人だった

のどれかだと思っていたのですが、最後まで善人で通して、ライダーを助ける等見せ場もあるので好きですね。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第9話(01/21)  

ひろりん様
コメントありがとうございます。

確かに、中田さんの善玉役って珍しいですよね。

見どころ満載

●ミスター怪力のトレーナーは第1作16・17話のピラザウルスのトレーナー:ハリケーン・ジョーですね。

●中屋敷鉄也さんの「人間態」があまりにもカッコいいので、怪人の方が弱そう。

●この回の中田さんはかなり凛々しい。渋い。やはり名優。

●「殺人軍団」を完成させてなにがしたかったのか?
ライダーには勝てないし、「人減らし計画」には役立たなさそう・・・

Re: 見どころ満載

> ●ミスター怪力のトレーナーは第1作16・17話のピラザウルスのトレーナー:ハリケーン・ジョーですね。

あ、そうですね。気付きませんでした。

「スカイライダー」も全部書き直したんですが。

これなら勝てる?

この面子ならライダーにも勝てそう(或いは善戦)かもしれませんね😅

Re: これなら勝てる?

おじいちゃんが混じってるからなぁ……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター