FC2ブログ

記事一覧

強い奴ほど笑顔は優しい「宇宙刑事シャリバン」第15話 前編


 第15話「海鳴りの仕掛島」(1983年6月10日)

 さ、寒い……。
 なお、節電の為、私は今、全く暖房のない部屋でこれを書いております。ううっ、もう貧乏はいやだぁ~。

 さて、とある怪しげなビルに別々のルートで潜入を図る電と、もうひとりの見覚えのある懐かしい背中……。

 PDVD_001.jpg
 二人が同時に、目指す一室のドアを開けて入ったところで、それが宇宙刑事ギャバン、一条寺烈であることが分かる。
 だが、二人が入ると同時に、TEACのオープンリールデッキが自動的に再生し、ポルターの勝ち誇った声を流す。
 「逆探知しても無駄だ、ギャバン、いつまでも強情を張ってると星野月子の死体とご対面と言うことになるぞ」

 悔しそうに歯噛みする烈。
 電「ここは単なる中継地点、アジトは他の場所に……」

 ナレ「ギャバンが妹のように可愛がり、マドーが人質に狙った星野月子は幼稚園に勤めていた」

 と言うナレーションによって、「ギャバン」以来の月子の消息が判明する。

 PDVD_002.jpg
 夜の街を何者かに追われて必死で逃げるが、最後は追い詰められてしまう月子の怯えたアップ。
 立花愛子さん、相変わらずお肌が荒……いえ、なんでもないです。

 回想シーンの後、海辺の岩場で話す二人。
 電「マドーはどうして月子さんを?」
 烈「ホシノスペースカノンは、星野月子の父、星野博士が発明したレーザー砲だ。マドーはマクーの資料から俺が知っていることを突き止めた。そして月子の命と引き換えに、その設計図を手に入れようとしている」

 烈は、博士がハンターキラーに殺されたこと、設計図を託された烈の父・ボイサーがマクーの拷問に耐えて守り抜いたことなどを、ハンターキラーや魔女キバの懐かしい映像付きで説明する。

 電「俺はバード星に設計図を持ち帰った」

 PDVD_004.jpg
 コム長官「なるほど、これは素晴らしい発明だ。この増幅装置を使えば、レーザーを数千倍に高めることが出来る。敵の手に渡らなくて良かった」
 マリーン「ギャバンのお父様がそれこそ命懸けで」
 コム長官「ボイサーの死を無駄にしない為にも、この装置を、地球を守るグランドバースの主砲に使いたい。いいな、ギャバン?」
 烈「はいっ」

 いや、この場合、コム長官が使用許可を取るべきなのは烈じゃなくて月子だと思うんですが……。

 烈「ホシノスペースカノンの理論は、プラズマカノンに応用された。その凄まじい威力はお前も知っての通りだ」

 PDVD_005.jpg
 駅弁スタイルのグランドバースのプラズマカノンが、マドーの戦艦を撃破する映像が流される。

 ナレ「月子の命は勿論大切である。だが、設計図を渡せば、地球の守り神、グランドバースが破壊されるかもしれないのだ。ギャバンは簡単にマドーの言いなりになる訳には行かなかった」

 ……しかし、そもそも、星野博士もボイサーも、その理論を兵器として使わせない為に、あんなに必死にマクーから守ろうとしたと言うことを、烈もスタッフも忘れてないか?

 「宇宙刑事ギャバン」の第43話で、マクーから救出されたボイサーはこう語っている。

 ホシノシステムは太陽熱を数万倍に増幅するシステムだ。平和利用すれば石油に頼まなくても済むのだぞ。

 ね?

 だからして、良い軍隊(銀河パトロール)が使えば平和利用で、悪い軍隊(マドー)が使えば軍事利用、と言うことにはならないだろう。ま、この世界では、銀河パトロールは絶対腐敗しないことになっているのだが。

 PDVD_006.jpg
 その後、グラントバースにマドーから通信が入る。
 ポルター「今日こそはっきりしろ、イエスかノーか?」
 烈「……」
 月子「ダメよ、ギャバン、渡しちゃダメ!」
 叫ぶ月子の後頭部を、剣でどつくガイラー将軍。ムチャしよんなぁ。

 烈「月子!」
 月子「設計図を守って、ギャバン」
 ポルター「どうするギャバン? ……ではこれで交渉打ち切りだ」

 PDVD_007.jpg
 ポルターたちが背中を向ける。
 烈は「ま、待て!」と思わず叫ぶ。

 ポルター「渡すのだな?」
 烈は無言で頷く。

 翌日、烈はマドーに指示されたオープンカフェのテーブルに就く。無論、電やリリィが近くで見張っている。

 PDVD_008.jpg
 小次郎「烈ちゃんでねえか? ああ、やっぱり烈ちゃん!」
 烈「小次郎さん」
 小次郎「いやいや、久しぶりだなや」
 ここで、「ギャバン」でもレギュラーだった小次郎さんと烈を再会させるのが、スタッフの粋なはからい。

 小次郎「元気だか?」
 烈「小次郎さんこそ」
 小次郎「ああ、元気だ、元気だ。久しぶりだなぁ」

 もっとも、電には(変なのが出てきた)と、ひどい言われようだったが。

 烈「えっ、月子とデート?」
 小次郎「んだ、先週映画に招待したら、オーケーしてくれたの。だけど、かれこれ2時間くらい待ってんだ」
 烈「あのね」
 小次郎「いやいや、もう来ると思うんだ。マンション電話したら出なかったから」

 小次郎の台詞で、小次郎と月子が引き続き付き合いがあったこと、月子が優雅にマンション暮らしをしていることが分かる。月子、ホシノスペースカノンの特許料を銀河パトロールからがっぽり貰っていたのだろう。

 PDVD_010.jpg
 などとやっていると、めかしこんだミスアクマ2が烈の肩を叩き、無言で車へ誘導する。

 烈「小次郎さん、また」
 小次郎「なんだ、烈ちゃんもデートだったの?」
 結局、これ以降、二人が顔を合わすことはなかったと思うが……?

 PDVD_011.jpg
 烈はマドー差し回しの車の後部座席に乗せられ、ミスアクマ1と2に挟まれる。

 なにせ相手が憧れの(?)大葉健二と言うことで、若干緊張気味に、烈の体をセンサーで調べるミスアクマ2こと、ララさん。
 烈の胸元から、すぐ発信機が発見されるが、これは見付かるのを想定して付けていたものだろう。

 電はジープで、リリィはバイクで追跡する。

 途中、車が2台に増えて、電を撹乱する。電とリリィは、別々の車を追跡するが、電の追った方はダミーだった。

 PDVD_013.jpg
 一方、リリィの担当した方も、人気のないところまで来て停まり、リリィが覗き込むと、いつの間にか誰もいなくなっていた。しかも、分かりやすく時計の秒針の音が聞こえる。昔の特撮では、時限爆弾は必ず親切に秒針の音を鳴らしてくれるので安心だ。

 咄嗟に車から離れるリリィだが、爆風にエビチリのように吹っ飛ばされる。無論、これはスタント。

 続けて、マドーの傭兵部隊にバズーカ砲やマシンガンで攻撃される。そこへ電が駆けつけ、傭兵を蹴散らし、魔怪獣シカケビーストとの戦いになるが、ビーストは適当に戦って退却してしまう。結局、尾行は完全な失敗に終わる。

 果たして烈の運命は?

 後編へ続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

回想シーンでは、ギャバンの服が前作のモノになっているのが
しっかりしていていいですね。

なお、この回は辻 理 監督のメタルヒーロー初演出。
「スピルバン」「ジライヤ」「ブルースワット」の1・2話を
あと、「真・仮面ライダー」序章も演出されてます。

Re[1]:強い奴ほど笑顔は優しい「宇宙刑事シャリバン」第15話 前編(12/02)  

影の王子様
>なお、この回は辻 理 監督のメタルヒーロー初演出。

あっ、そうだったんですか。
いつもながら勉強になります。

ララさん、素敵です  

観直しましたが、めかしこんだララさんが実に素敵ですね。
次作のギャル軍団のような「見せ場」が希少なのが残念無念。
また、リリィのスレンダーさも実に良いです(ラストで月子と並ぶとなおさら)。
観直す時はアクションシーンよりはるかに女性キャストに目が行ってしまいます・・・

Re:ララさん、素敵です(12/02)  

影の王子様
>観直しましたが、めかしこんだララさんが実に素敵ですね。

ほんと奇麗ですよね。

>観直す時はアクションシーンよりはるかに女性キャストに目が行ってしまいます・・・

自分もレビューする時は、そればっかり気になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター