fc2ブログ

記事一覧

愛と勇気の炎を燃やす「電子戦隊デンジマン」第42話


 第42話「少年を喰う悪い夢」(1980年11月22日)
 バンリキ魔王にベーダー怪人はデンジマンにやられてばかりのヘナチョコだと馬鹿にされ、日本古来の忍術を習得したニンポーラーが、ベーダー怪人の汚名を雪ぐべく、出撃する。

 PDVD_000.jpg
 その標的は(何故か)あきら。そのあきらが、スイミングクラブの生徒・秀一に笑顔で話しかける。
 あきら「今日は素晴らしい記録が出たわ。100メートル1分23秒よ」
 秀一「ほんとー?」
 あきら「あなたならもっともっとスピードアップできるわ」

 帰り道、三太たちは口々に秀一を誉める。秀一は勉強スポーツ共に優秀で、あきらのお気に入りなのだ。

 PDVD_001.jpg
 ニ「奴がデンジピンクの秘蔵っ子か、面白い、まずは奴にとりついてやろう」
 三重塔の上から見ていたニンポーラー、忍者に変身して飛び降りる。

 あっさり見過ごしてしまいがちだが、考えたら凄いアクションである。

 ニンポーラーは秀一の頭の中に入り込み、飛んだり跳ねたり、自由自在に操る。そして、公園にいた三太たちを棒切れを振り回して襲撃させる。
 知らせを聞いて、デンジマンは公園へ急ぐ。あきらの姿を見ると、秀一は彼女を誘い込むように逃げ出す。

 PDVD_004.jpg
 秀一は古タイヤが山のように積んであるところまで逃げてくる。頭の中から、ニンポーラーが出て来て実体化する。
 ニ「このタイヤに火をつけろ」
 秀一「えーっ!」
 ニ「火をつければ、桃井あきらがやってくる」
 秀一「できないよ、そんなこと」
 二「やれ、やるのだ!」

 しかし、なんでわざわざニンポーラーは一旦秀一の頭から出たのだろう? そのままタイヤに火をつければいいのにね。
 ニンポーラーはもう一度秀一の頭の中に入って暴れる。あまりの激痛に耐えかね、秀一はタイヤの中に紙を入れて火をつける。

 PDVD_005.jpg
 燃え上がる炎を見る秀一はこの表情。
 と言うことは、ニンポーラーに完全に操られていると思うのだが、折々、ニンポーラーが激痛によってとりついている人間を脅す場面が見られるので、どういう仕組みになっているのか、はっきりしないのだ。

 黒煙が上がっているのを見て、ミニパトで千恵子と友子巡査が駆けつける。

 PDVD_006.jpg
 二人が放火犯人として秀一を追っているのに、あきらが出くわし、秀一を庇う。
 あきら「ちょっと待ってお願い、この子のことは私に任せてくれない? 事情があるのよ」
 千恵子「事情って?」
 あきら「今は言えないわ」
 友子「事情事情って、あなたたちはいつだって!」
 あきら「決して悪いようにしないから、お願いこの通り」
 手を合わせて懇願するあきらに、二人も不承不承引き下がる。

 友子役の女優はころころ変わるのだが、ここでは日高久美子さんが演じている。
 おっ、この画面に映ってる女優さん、みんな管理人のお気に入りだ(知るかっ)。

 PDVD_007.jpg
 あきら「先生に何もかも話してくれない? 何故あんなことしたの」
 秀一「先生、助けてよ!」

 そこ、笑うとこやおまへんで。
 子役ながら雑な演技を堂々と披露するのは、このブログではちょくちょく出てくる佐藤たくみ氏である。

 二人が見詰め合った瞬間、ニンポーラーが秀一からあきらに乗り移る。
 秀一はその場に気を失って倒れる。

 ニンポーラーに頭の中に入られたあきら、深刻な面持ちで陸橋の上に立っている。
 ニ「デンジピンク、何を躊躇っておる? お前はワシの奴隷だ。日本古来から伝わるこの毒薬で、デンジマンを毒殺するのだ。命令に背くと暴れてやる!」
 あきら「痛い、やめて、やめて!」

 と言うやりとりを見ると、やっぱりニンポーラーは頭の中には入れるけど、その精神を完全にコントロールできる訳でもないらしい。
 秀一は千恵子たちに見付かって意識を取り戻す。起きるとすぐ「あきら先生が大変だ」と、境内を飛び出して行く。

 PDVD_009.jpg
 二人も、「先生がどうしたの?」と、ミニスカから伸びる脚を活発に動かして石段を降りる。

 俺様、なんとなくコーフンする(変態かっ)。

 PDVD_010.jpg
 あきらは、デンジマンの経営している(?)喫茶店へ戻り、問いかけには一切応じずカウンターに入り、4人にコーヒーを煎れる。無論、毒入りの。
 あきら「どうぞ……どうしたの? 毒なんか入ってないわよ」
 黄山「当たり前だよ、そんなの」
 青梅「うーわぁ、いい香りだぁ」
 緑川「ブルーマウンテンだな、こりゃ」
 青梅「えっ?」

 間一髪、そこへ秀一が飛び込んできて「あきら先生の頭の中に怪物が……」と叫ぶ。
 あきらは印を結んで爆発と共に姿を消す。

 PDVD_012.jpg
 あきらを探す4人の前に、快傑ゾロみたいな(たとえが古い)衣装のあきらが登場。
 この衣装はなかなか似合ってて綺麗だ。

 赤城「科学的にピンクの頭からベーダーを追い払うことは出来ないのか」
 黄山「電気によるショック療法はあるけど、その場合、ピンクの体が心配だ」
 緑川「しかしそれしか方法がないのなら」
 赤城「一か八か、デンジランドで電気ショック療法やってみようじゃないか」

 赤城たちの会話を聞いたニンポーラー、デンジランドへ入り込む絶好のチャンスだと、方針を変えて抵抗をやめ、そのまま4人に連行される。

 PDVD_013.jpg
 目隠しをされた状態で、デンジランドの奥深くに連れてこられたあきら。
 ニ(デンジランドの構造は良く分かった。次はコンピュータールームだ)

 PDVD_015.jpg
 そこまで入り込めたら、すぐ暴れればいいのに、何故か大人しく電気ショック療法を受けてしまう。
 あきら「あっあっ……ああーっ、ああーっ、あーっ、あーっああ……うう……」

 電気を流され、苦痛の呻き声を上げるあきら。乱れた髪がセクシーだ。

 ニンポーラーも、同じく苦しんで、遂にあきらの頭から出て実体化する。
 出口を求めて施設内を走り、あるドアを開けて飛び出すが、

 PDVD_016.jpg
 そこは実際のデンジランドとは全く別の場所だった。

 PDVD_017.jpg
 驚くニンポーラーの前に、颯爽と現れるのは忍び装束に身を固めた赤城たち。
 赤城「ベーダー怪物、お前は俺たちに一杯喰ったのさ」
 青梅「お前が誘い込まれたデンジランドは真っ赤なニセモノさ」

 あきら「何の罪もない少年の頭に入り込んで苦しめるなんて! もう許さない!」

 PDVD_018.jpg
 城をバックにポーズを決める5人。ところで、ここ、なんていう城?

 後はいつもの戦闘シーンあるのみ。

 PDVD_019.jpg
 今回は、ニンポーラーに対抗し、科学の力で分身の術を使うのがミソ。

 PDVD_020.jpg
 ひとり、明らかに背の低い人がいます。

 PDVD_022.jpg
 そして、5×3の15人が横並び。

 最近の戦隊シリーズの劇場版で、似たようなシーンを見た気がするなぁ……。

 PDVD_023.jpg
 レッド「ショットガン、フィフティーンアタック!」
 二「おい、多過ぎるぞ、ちょっと、ちょっと、ちょっと、来るな、おい、本物だけ、本物だけ来い!」

 インパクトのあるシーンである。
 さすがに、全員JACの人ではなく、暇なスタッフも中に入っていたのではないだろうか?

 ニンポーラー、敵ロボットを倒して事件解決。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

最後は随分と大人気ないやり方ですね😅どっちが正義のヒーローか分からないようですがね😓

分身の術で身長が合わないのはご愛嬌ですね😅作戦そのものは、効果があっただけに残念な結末でしたね

この城、私もどこの城かずっと気にしつつも今日初めて本気で調べました。
ある程度の予想が的中して小田原城と判明しました。決めポーズの画像の壁や石垣の形状や窓の数が完全に一致してます。

Re: 城

貴重な情報ありがとうございます。

大人気ない

怪人1人に正義サイドが15人というのは明らかにやり過ぎだと思うのですがね😅何とも大人気ないですね

Re: 大人気ない

ま、いつものことですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター