FC2ブログ

記事一覧

「仮面ライダーアマゾン」第6話


 第6話「インカ縄文字の謎!!」(1974年11月23日)
 眠い……。
 コーヒーでも飲もう。

 前回の最後、アマゾンに敗北しながらも死なずにゲドンの本部へ戻ってきたモグラ獣人。
 当然、十面鬼ゴルゴスの怒りはただならないものがあった。
 ゴルゴス「おめおめ逃げ帰ってきたと言うのか?」
 モグラ「チュッチュウ~」
 
 ゴルゴス「貴様のような奴はな、ひとおもいに殺したのでは腹の虫が治まらん。貴様はモグラだ。日の光に照らされるのが何よりも苦しいだろう。一日中天日に晒して日干しにしてくれるわっ」
 サディストの本領を発揮するゴルゴス。

 PDVD_002.jpg
 早速、その処刑場所へバイクに引き摺られて連行されるモグラ。

 PDVD_004.jpg
 前回はとりなしてくれたジューシャのお姉さんたちも今回は容赦なし。
 モグラを鎖で台の上に縛り付ける。
 モグラ「苦しいよ~助けてくれ~」

 ジューシャ「うるさいね。おだまり!」
 ジューシャ「ゲドンの命令に逆らった恐ろしさをうんと味わって死ぬがいい!」
 ジューシャはそのまま立ち去ってしまう。
 モグラ「苦しい、体が干からびていく……水が欲しい、水をくれ……」

 と、その声に応えるように、何者かが瓶に入った水をモグラの口に注いでくれた。
 意外にもそれは、敵であるアマゾンだった。

 モグラ「や、やめろ、貴様の情けなど受けるか~」
 アマゾン「黙れ、水、飲む!」
 モグラ「チュチュウッ!」
 その様子を、近くの茂みからジューシャたちが見て、ゴルゴスに知らせる。

 ゴルゴスはますます怒り狂い、獣人ヤマアラシを送り込む。

 PDVD_006.jpg
 アマゾンはモグラを助けて、陸に打ち捨てられている(?)船の上に匿い、薬草を塗ったりしてやる。
 モグラ「チュッチュウ~、やめろ、俺は頼んだ覚えはないぞ」

 やがてまさひこがアマゾンを探してやってくる。
 モグラの姿を見て、驚き怯える。
 まさひこ「いやーっ! こいつはゲドンじゃないか」
 アマゾン「ゲドン、痛い……」
 まさひこ「いくら怪我してるからって、ゲドンはお前を殺そうとしてるんだぞ。第一、こいつは僕をさらった奴じゃないか!」
 アマゾン「あぁ……」
 まさひこ「チェッ、アマゾンって人が好いんだからなぁ」

 モグラは「礼は言わんぞ」と言って、その場を去る。

 直後、ヤマアラシが襲ってくる。

 PDVD_008.jpg
 そのトゲトゲの体に、アマゾンは苦しい戦いを強いられる。健気にも、まさひこが角材で獣人を叩いてアマゾンを助けようとする。

 PDVD_009.jpg
 アマゾンはまさひこをおぶって、運河の中に飛び込む。さすがにこのまさひこは、人形である。

 次のシーンでは、まさひこの家でくつろいでいる二人。
 りつ子「良かったわね、無事に逃げられて」
 まさひこ「大丈夫さ、アマゾンがついてるんだもの」

 PDVD_010.jpg
 と、チャイムが鳴り、立花のおやっさんが現れる。
 立花「おおお、耳寄りな話を聞いたんだがね」

 PDVD_011.jpg
 興奮気味のおやっさんだが、アマゾンもまさひこも小馬鹿にしたような目でおやっさんを見る。
 アマゾンなどはバナナを頬張りながら「聞いてやるから話せよ」とでも言いたそうな上から目線の態度であった(註・管理人の偏見です)。

 おやっさんが言うには、城北大学に古代インカの遺物が保管されているので、ゲドンに関する手掛かりが見付かるかもしれないとのこと。

 4人は連れ立って城北大学へ向かう。

 考古学室に展示されている様々な遺物。アマゾンは、その中にたくさんの結び目がつけられたカラフルな紐を見て、目を輝かせる。
 りつ子「なんですかこの縄?」
 職員「あれですか、あれはキープと言いましてね、古代インカには言葉はあったが文字がなかった。それでああいう縄に複雑な結び目を作って文字の代わりにしていたと言われています。勿論、何を意味するのか現在では解く人は誰もいません」
 アマゾン「見る!」
 りつ子「アマゾン、あなたこれ読めるの?」
 職員は快くキープをケースから取り出すが、その時、壁を突き破ってヤマアラシが闖入、キープを奪い取ってしまう。アマゾンはすぐ追い掛ける。

 PDVD_013.jpg
 階段の上下で睨み合う両雄。

 PDVD_014.jpg
 ヤマアラシは、球体になって相手に転がっていく技も持っている。

 ヤマアラシ、ジューシャにキープを投げ渡す。ジューシャはキープを持ってオートバイで走り去る。
 アマゾンもジャングラーにまたがって追走。ただちに彼らの前方に出ると、

 PDVD_015.jpg
 フロント部分をカパッと開き、モリのようなものを発射すると言う、初めて見せる機能を使う。
 モリにはロープが付いていて、オートバイの前に張り渡し、全員を転倒させる。

 アマゾンはジューシャからキープを取り返すが、ヤマアラシが再び襲ってきて戦いとなる。

 PDVD_017.jpg
 と、穴からモグラが顔を出し、アマゾンを手招く。
 モグラ「チュッチュウ~、お前、トモダチ」

 アマゾンとモグラは、モグラの穴に入ってヤマアラシの追撃を逃れる。しかし、キープはヤマアラシに持ち去られてしまう。

 PDVD_020.jpg
 ゴルゴス「なにぃ、モグラ獣人がまた邪魔をしただと~憎んでも余りある奴、今度こそひっとらえたらどうするか、見ておれ~」
 キープを持って、怒り狂うゴルゴス。

 ゴルゴス「しかし、このキープを手に入れたのは大手柄だ。これにはゲドンの秘密が隠されているのだ。大切にしまっておけ

 アマゾンたちにとっては重要でも、彼らゲドンにとっては価値のない筈のキープなのに、破棄するどころか保管しておけと命じるゴルゴス。……なんで?

 案の定、ジューシャが別室に麗々しく飾った直後、モグラが地中からやってきてキープを取ってしまう。

 PDVD_022.jpg
 で、アマゾンのところへ戻り、
 モグラ「アマゾン、俺、お前、トモダチ!」
 と、誇らしげにキープを渡す。とても可愛い。

 漸く手にしたキープを凝視するアマゾン。

 そこに書かれていた内容を、ナレーションが丁寧に教えてくれる。

 ナレ「今から100の20倍の昔、不思議な科学を持つインカの国があった。そのインカ科学の謎を解く鍵は、ガガとギギと言う二つの腕輪に秘められている。この二つの腕輪が一つになった時、インカ科学が発見した、恐るべき、超エネルギーの秘密が解ける。この二つの腕を手に入れたものは超エネルギーの力で、世界を自分のものにすることが出来るのだ」

 アマゾン「アマゾン、ギギの腕輪、渡さぬ」
 モグラ「俺、お前、トモダチ」
 アマゾン「トモダチ!」
 こうして、なんとなくモグラはアマゾンたちの仲間となる。

 そこへヤマアラシが出てきて、またまた戦いとなる。全身のトゲトゲに、おびただしく流血するアマゾン。変身していないとは言え、これだけアマゾンを痛めつけるとは、ヤマアラシはかなりの実力者である。
 アマゾン、他のライダーと比べてあまり変身しない印象を受ける。生身の状態でも、獣人と互角に渡り合える戦闘能力を有しているからだろう。

 PDVD_024.jpg
 引っ張って引っ張って、漸く変身するアマゾン。
 しかし、足場が悪いせいか、決めポーズがやや間抜けである。

 ヤマアラシを倒して終了。

 ゴルゴス「おのれアマゾンめ、よっくもゲドンの秘密を嗅ぎ付けたな。覚悟しているがいい~」
 ゴルゴス、最初から最後まで怒りっぱなしだな。血圧が上がるぞ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ゴルゴスの頭にも人面があるのがグロいです。
やはり石ノ森先生ならではのキャラですね。

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

影の王子様
>ゴルゴスの頭にも人面があるのがグロいです。

そう言えばありますね。
改めて見るとゴルゴスってテンション高いですね。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

どうもゴルゴスは毎回テンションが高いですね😅かなり血圧も高そうな感じですね😓

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

ふて猫様
>かなり血圧も高そうな感じですね😓

確かに高そうですね。そのうち脳の血管が切れそうな感じです。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

しかし、ゴルゴスがキープを保管させたのが?です。
アマゾンに盗まれぬように即破棄すべきでは?
詰めの甘さは、ゲドンもショッカーとどっこいどっこいですね。

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

影の王子様

「仮面ライダー」のレビューしててつくづく思うのは、ショッカー、いちいち解毒剤用意してなかったら、余裕で勝てたんじゃないの? と言うことです。

解毒剤・・・  

先述の52話もそうですが、「V3」27・28話なんて、解毒剤がどうこうやってる間に
さっさと5大幹部が日本各地に毒ガスをばら撒けば「日本皆殺し作戦」完了ですがねぇ・・・
ホント学習能力ないですね。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

しつこいですね。今日はこれで終わりにします。(仕事がはかどらない・・・)

>健気にも、まさひこが角材で獣人を叩いてアマゾンを助けようとする。

素敵です。まさひこ推しになりました。なんで昔ちゃんと見なかったんでしょうか・・・

>アマゾンなどはバナナを頬張りながら「聞いてやるから話せよ」とでも言いたそうな上から目線の態度であった(註・管理人の偏見です)。

いやいや、本当にそんな顔。そんな顔してます。

最後のアマゾンのポーズ、片足上げてそう。さんまのよくやるポーズに似てるように思います。おちゃめ。

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

Biromi様
>いやいや、本当にそんな顔。そんな顔してます。

こう言う、図らずも出てしまう可笑しさ、と言うのがアマゾンの大きな魅力なんですよね~。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

 この回登場の獣人ヤマアラシは、不気味なデザインが多いゲドン獣人の中でもかなりカッコいい部類に入るんじゃないでしょうか。不気味さを全面に出した大多数の獣人には出せない雰囲気です。戦い方もスピード重視で良いですね。しかし、この回の変身前アマゾンや獣人ヤマアラシの出血量は半端ではありませんね。獣人ヤマアラシの最期はスローモーションで演出がされていてかなり印象的でした。アマゾン屈指の名バトルだと思います。青色の血も、なぜだか鮮やかに映りました。
 この回は、アマゾンの中でも一番好きな回です。モグラ獣人が仲間になる回でもありますからね。

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

エレクトロファイヤー様
>獣人ヤマアラシの最期はスローモーションで演出がされていてかなり印象的でした。アマゾン屈指の名バトルだと思います。青色の血も、なぜだか鮮やかに映りました。

で、その肝心の画像を貼ってない私……昔は文字数制限が厳しかったので、キャプもひたすら控え目にしてたんですよね。そのうち追加しておきたいと思います。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

この回のモグラ獣人の声が柳塊二さんではなくて池永通広さんになっていましたね😅流石に日乾しの刑はモグラ獣人にとっては何よりも堪らないでしょうね😓

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

ふて猫様
>この回のモグラ獣人の声が柳塊二さんではなくて池永通広さんになっていましたね

あ、そうでしたか。気付かなかったなぁ。

Re[13]:「仮面ライダーアマゾン」第6話(09/26)  

zura1980さんへ 前回 柳槐二さんと書いていましたが、正しくは槐柳二さんでしたね😅
お詫びします❗

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター