fc2ブログ

記事一覧

「花のあすか組!」第11話

[DVD] 花のあすか組! 壱

[DVD] 花のあすか組! 壱
価格:7,991円(税込、送料別)


 第11話「暗闇でドッキリ!」(1988年6月27日)
 中盤以降、コミカルタッチのエピソードが多くなるこのドラマ、この11話もひときわユニークだ。

 夜の泰山学園、生徒たちが残って、文化祭の準備に余念がない。違う学校のミコまで何故かいる。
 
 だが、同じ頃、校長室へ忍び込む怪しい影があった……。
 生徒会長のはるみは、文化祭にたくさんの人を集めて、反全中裏キャンペーンを張ろうと意気込んでいたが、そこへ校長室で警備をしていた女生徒が、賊の侵入を知らせに来る。

 はるみが文化祭の目玉にしようと目論んでいた、純金製の二宮尊徳像がまんまと全中裏によって盗まれてしまったのだ。

 PDVD_007.jpg
 で、その校宝とでも言うべき純金像を奪還すべく、パジャマ姿で作戦会議をする三人。
 ただし、策士を自任するはるみは作戦を立て、アイテムを用意するだけで、実際に全中裏の本部へ潜入する危険な役目は、あすかとミコに押し付けられる。

 翌日、全中裏本部、つまりひばりの屋敷だが、その前の植え込みの中に潜んでいるあすかとミコ。
 まず、はるみの作戦に従って、タイマー付きの爆竹入りの箱を二つ、通用門の近くに仕掛ける。その爆発によって警備員をひきつけ、その隙に正面玄関から入ろうと言うのだ。

 だが、3分後にセットされたタイマーが、3分を過ぎても作動せず、途方に暮れるふたり。

 PDVD_009.jpg
 ミコがとりあえずハンバーガーで腹ごしらえをしていると、あすかがその様子を凝視する。ハンバーガーを取られまいと、威嚇するミコ。可愛い……。

 だが、あすかはその肉を庭に放し飼いにされているドーベルマンに与えて手なずけ、柵を越えて邸内に潜入することに成功する。ま、それくらいでドーベルマンが大人しくなるわけがないのだが……。
 続いて、これもはるみの作戦通り、ロープの付いたモリを打ち込んで天窓から中に入ろうとするのだが、銃の勢いがなく、モリは派手に窓を突き破って警報ベルが鳴り響く。

 PDVD_011.jpg
 たちまち警備員に取り囲まれるが、以前にも使った手で彼らを脅かす。
 あすか「みんな一緒に地獄行きだ!」

 ダイナマイトを手に、逆に警備員達を追いかけるが、
 ミコ「ほら、チョコレートなんかじゃないんだよ」

 PDVD_012.jpg
 ミコの余計な一言で、敵味方ともピタッと固まる。

 警備員「戻れ!」
 ここで、実際にフィルムを巻き戻して後ろ向きで走るのがシャレた演出。

 ミコはなんとか外へ抜け出るが、あすかは捕まってしまう。
 ひばりは出先からこちらに向かっている途中で、屋敷は春日が取り仕切っていた。
 春日はひとまずあすかを牢獄へ入れて部下に見張らせる。

 あすかは見張りを倒してあっさり脱獄する。ミコもあすかを助けるべく改めて邸内に入り込む。
 警備員から逃げているうちに、あすかは落とし穴に落ち、小さな部屋に閉じ込められてしまう。
 しかも、すぐに天井が下がってきて、あすかを押し潰そうとする。

 PDVD_020.jpg
 あすかはトランシーバーで別の部屋に隠れているミコに助けを求める。以下、左右分割画面。
 あすか「今、頭の上に天井がある」
 ミコ「当たり前だろ、どうぞー」
 あすか「釣り天井って奴だよ、もう少しでぺしゃんこになっちまう」
 ミコ「またまた、今時そんなもんがあるわけねえだろ、どうぞー」
 あすか「ほんとだよー、どうぞー」

 PDVD_021.jpg
 天井と床に挟まれそうになりながら、あすかはミコに指示して、ミコのいる部屋のコンセントにチョコレートを巻いていた銀紙を突っ込ませて屋敷全体をショートさせる。

 PDVD_022.jpg
 停電と同時にあすかの悲鳴が聞こえたので、
 ミコ「良い奴だったのに……」

 だが、ぎりぎりで天井がストップして、あすかは助かる。
 あすか「助かった。どうぞー」
 ミコ「紛らわしい声上げんじゃねえよ、どうぞー」

 銀紙といい、(ダイナマイトに火をつける為の)ライターといい、小道具の使い方が巧みである。

 緊迫した状況なのに、いちいち「どうぞー」がついてくるところも笑える。
 さすが、武上純希脚本。

 警備員がブレーカーを上げると、また天井が下がり始めるが、間一髪、ミコが彼らを倒してスイッチを切り、あすかのいる部屋のドアを開ける。

 PDVD_023.jpg
 二人は警備員の制服を着て、警備員になりすます。
 春日とでくわすが、二人は顔を見せないようにして誤魔化す。

 春日「待て、私がひばり様を出迎える間、そのドアを見張っていろ。黄金像がある、心して見張れ」
 二人「はいっ」

 こうして黄金像は簡単に取り戻せたが、今度は屋敷から出て行くのが難しい。
 と、そのタイミングで、不発と思われていた爆竹が鳴り出す。

 ミコ「3分じゃなくて30分?」

 PDVD_024.jpg
 春日「ひばり様の到着まであと僅かだ。みな、大至急屋敷の周りを調べなおすのだ」
 警備員「はいっ」

 この警備員の人たち、どう見ても春日より年上である。
 近所の若い主婦が、パートで来てるんじゃないかと思う。

 春日は正面玄関を開け放ち、警備員たちを行かせる。
 あすかとミコもそれに紛れて春日の目の前を堂々と通り抜けて行くのだった。

 PDVD_026.jpg
 入れ違いにひばりを乗せた車が屋敷に戻ってくる。
 ひばり「妙に騒々しいですね」
 春日「は、色々とございまして……しかし、ある物をご覧になればご納得して頂けるかと」
 ひばり「楽しみにしています」

 こうして並ぶと、ひばり様はでかい。春日はちっちゃい。

 春日「自信を持って」
 春日は、黄金像の置いてある部屋のドアを誇らしげに開ける。

 PDVD_025.jpg
 中を一瞥したひばり、「なるほど」と一言。

 いつの間にか、黄金像がタヌキの信楽焼にすり替わっていた。苦労してミコが持ち込んだものだ。
 春日「化けた!」

 あすかとミコは、はるみの差し回した車に乗り込んで意気揚々と引き揚げる。

 PDVD_027.jpg
 黄金像が無事戻って喜ぶはるみだが、後部座席の二人はニヤニヤしている。
 ミコが、こっそりと小さな黄金の棒をあすかに見せる。二宮尊徳像が背負っていた薪である。

 あすか「最後に笑った方が勝ちだぜ」
 はるみ「どういうことですの」
 ミコ「どういうことでしょうねえ? あん、わかんない
 はるみ「気持ち悪い笑い……」
 黄金像の背中にも、「あすか組見参」のステッカーが貼ってあった。

 しかしまあ、どうせすぐばれるので、後で返したんだろうけどね。

 と言う訳で今回、戦闘シーンがほぼ皆無と言う、異色の回であった。
 たまにはこういう肩の凝らない話も良いよね。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

「花のあすか組!」は、リアルタイムで3話位しか観ておらず、
当時(絶賛浪人中)はあまり楽しめなかったものです。
この東映ならではのテイストを今になって楽しめそうなので、
近いうちDVD BOX買いたいものです。
このときよりもこの後のメグちゃん大好きになったというのもあって(笑)

http://fatagaga1969.tumblr.com/" target="_blank">http://fatagaga1969.tumblr.com/

Re[1]:「花のあすか組!」第11話(08/16)  

LopLopさん
コメントありがとうございます。

>近いうちDVD BOX買いたいものです。
>このときよりもこの後のメグちゃん大好きになったというのもあって(笑)

自分も似たような口で、今年買いました。
小高さんは平成ゴジラシリーズで活躍されてましたね。

Re:「花のあすか組!」第11話  

ひばりの屋敷のような所の警備員についてくわしく教えて頂きたい。

Re[1]:「花のあすか組!」第11話(08/16)  

やあさん
>ひばりの屋敷のような所の警備員についてくわしく教えて頂きたい。

私も知りません。お役に立てなくてすいません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気になる事が。

やられた二名の警備員ですがどんな格好でしょう。

No title

小沢なつきこの頃右の薬指に指輪してる。
この時代って役柄あるから外すと思ったけど許されてたんだなー。

Re: No title

あ、ほんとだ。気付きませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター