fc2ブログ

記事一覧

「スーパーロボット レッドバロン」セレクション第20話


 第20話「危し!SSI」(1973年11月14日)
 東京郊外の古い建物の地下では、デビラーの片腕シュンケル博士の指揮の下、着々と地球征服の為のロボットが作られていた。

 PDVD_000.jpg
 シュンケル「我々は一日も早く、レッドバロンに対抗できる強力なロボットを作り出すべきだ!」

 誰に言うとんだ。

 しかし、その基地は既にSSIによってその存在を突き止められており、今まさに、健たちSSIメンバーそして熊野警部による潜入破壊工作が行なわれようとしていた。

 SSIの奇襲攻撃に基地はもろくも崩壊し、シュンケル博士は地上へ出て逃亡を図る。
 鉄面党とSSIによる大立ち回りが演じられるが、結局博士は熊野警部によって手錠をかけられる。

 PDVD_005.jpg
 シュンケルはSSIの木島顧問の研究所に連れて行かれ、ひとまず監禁される。
 作戦の成功を祝って、シャンパンで乾杯! しようとするが、
 熊野「ちょいまち、紅君、真理ちゃん、大作、グラスを置いて……未成年者の酒飲みは見逃せんのでな」
 と、警部は三人のグラスを取り上げ、飲み干してしまう。

 つまり、この三人は20才になっていないということだ。ただ、11話では確か、真理以外は全員酒飲んでたと思うんだけどね。

 研究所を出た熊野警部、巨大な指のようなものを見付けて、持って帰る。

 PDVD_006.jpg
 木島「凄い硬さだ」
 ボス「見当はつきませんか」
 木島「精密検査した後でないと、なんであるか断言できませんが……」
 背後に18話で初登場した警部の部下・水木ひかるの顔が見えるが、台詞はなし。

 PDVD_007.jpg
 SSIメンバーは見張りを厳重にするが、指はひとりでに動き出し、シュンケルの監禁されている部屋のドアに穴を開けて、彼を外へ出す。その指は鉄面党の送り込んだロボットの一部分だったのだ。

 PDVD_008.jpg
 シュンケルは、彼の落としたロボットのリモコン用ペンダントを持っていた真理を襲い、ペンダントもろとも拉致して行く。

 その車を健はバイクで追跡する。

 PDVD_010.jpg
 彼らのアジトまで運ばれて、乱暴に引っ張り出される真理、パンツが見えてしまいます。

 PDVD_013.jpg
 健からの連絡を受けたボスたちが応援に向かう途中、あの指の本体であるロボット、スフィンクサーが地中から現れて、彼らの前に立ちはだかる。

 PDVD_014.jpg
 さらに、シュンケルの声が響き、「レッドバロンを動かしたら真理を殺す」と、ロボットの胸部にその映像を映し出して、彼らを脅す。

 真理「あたしはどうなってもいい。早くレッドバロンを呼んで!」
 こういう場合、内心、自分だけは死にたくないと思っていてもそう言うのがヒーロー物の不文律なのです。

 レッドバロンが出て来ないのを良いことに、好き放題に街を破壊するスフィンクサー。

 ボスはやむを得ず、健にレッドバロンを出動させろと命令する。
 健「今レッドバロンを出動させたら、真理の命はどうなります? 少し待って下さい。俺が必ず助け出します!」
 ボス「待てない。いいか、1分遅れればそれだけ人が死ぬんだ。私情は捨てて、直ちにレッドバロンを出動させろ!」

 PDVD_015.jpg
 健「ボスのバカヤロー!」

 命令には逆らえず、健は「レッドバロン出動!」とブレスレットに叫び、同時に真理を助けるべく走り出す。

 PDVD_016.jpg
 シュンケル「警告を無視したな。よし、向こうがその気なら、こっちもやってやれ! 女を殺せ!」
 吠えるシュンケルだが、そこへ健が飛び掛り、真理を救出する。

 PDVD_017.jpg
 再び、激しい格闘戦が繰り広げられる。真理、パン チラもなんのその、逞しい太腿でメカロボたちを蹴りまくる。

 一方、健の乗っていないレッドバロンはスフィンクサーの前に立つが、まるっきりデクノボウで、一方的に攻められる。

 PDVD_025.jpg
 引き続き、メカロボたちと戦う真理。今回、パン チラの大盤振る舞いで、逆に萎える(嘘だけど)。

 そこへ熊野警部が加勢に現れ、遂に健たちの勝利となる。
 なお、シュンケルは逃げようとして熊野警部に射殺される(いいのか?)。

 PDVD_026.jpg
 熊野「へへへ」
 真理「やっぱり助けに来てくれたのね手書きハート
 熊野「うん、いや、まあ、にひひひっ」
 健「当たり前だ。ペンダントを渡した俺が悪かったんだからな」
 真理「ううん、いいの。うふっ手書きハート

 熊野、二人が自分を無視してイチャイチャするのを見て激怒し、思わず二人を射殺する(註・しません)。
 熊野「でれでれするな! まだ戦いは終わっとらんぞ」

 健はバイクを飛ばしてレッドバロンのところへ行き、操縦席に座る。
 あとは、スフィンクサーをサクッと倒して事件解決。

 健「ボス、報告します。真理は無事救出しました」
 ボス「そうか、ところで、ボスの俺を怒鳴りつけた気分はどうだ?」
 健「それはそのう……くはぁ……どうもスイマセン!」
 ボス、笑う。

 PDVD_027.jpg
 そこへ真理と熊野も駆けつける。真理、少し照れ臭そうに無事な姿を見せる。
 ボス「大丈夫か、真理」
 真理「はいっ」
 熊野「わしがなぁ、メカロボをばったばったと倒してなぁ、紅君と真理ちゃんを助けたんだ。なぁ?」
 真理「うん! 男らしくて、とっても素敵だったわ」
 熊野「ぐふふふふっ」
 うっとりしてつぶやく真理に、熊野も一瞬有頂天になるが、

 真理「あの時の健は」
 熊野「なんだとーっ!」

 おあとがよろしいようで。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

この回は真理の魅力がいかんなく発揮されて見応えがありました。
牧れいさんは独特の色気と可愛らしさがありますね。

Re[1]:「スーパーロボット レッドバロン」セレクション第20話(08/22)  

影の王子様
>この回は真理の魅力がいかんなく発揮されて見応えがありました。
>牧れいさんは独特の色気と可愛らしさがありますね。

そうですね。たまらんです。

ところで関係ないけど仮面ライダーの新作映画は「仮面ライダー1号」だそうですねえ。スタッフは何を考えてるんでしょうか。

映画「仮面ライダー1号」  

管理人様

>ところで関係ないけど仮面ライダーの新作映画は「仮面ライダー1号」だそうですねえ。スタッフは何を考えてるんでしょうか。

1993年の映画「仮面ライダーZO」の時の企画として
「デザイン・俳優を一新しての1号が主演」という案があったそうです
(当時の「ZO」の本に書いてました)。
昨年の「3号」同様の「没ネタ拾い」ではないでしょうか?

Re:映画「仮面ライダー1号」(08/22)  

影の王子様
お返事ありがとうございます。

>1993年の映画「仮面ライダーZO」の時の企画として
>「デザイン・俳優を一新しての1号が主演」という案があったそうです
>(当時の「ZO」の本に書いてました)。
>昨年の「3号」同様の「没ネタ拾い」ではないでしょうか?

そんな企画があったんですか。
1号のリメイク自体は良いんですが、いまさら藤岡さんと言うのが……。ZOの時ならともかく。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター