FC2ブログ

記事一覧

「怪奇大作戦」セレクション 第13話「氷の死刑台」


 第13話「氷の死刑台」(1968年12月8日)
 怪しげな研究所、棺桶型の冷凍庫のようなものの前でデータを取っている白衣の男・加瀬。
 彼が部屋を出た後で、冷凍庫の蓋を中から押し上げる者がいた。それは体からおびただしい冷気を発している不気味な怪物だった。怪物―冷凍人間は見回りに来た管理人を絞め殺すと、担いで外へ出る。そして通り掛かった若い女性をも手に掛ける。

 PDVD_001.jpg
 その死体の上に、氷のような文字でサブタイトルが表示される。相変わらずセンスが良い。

 町田警部(小林昭二)から協力を依頼されたSRIは、早速調査に乗り出す。

 PDVD_003.jpg
 その冷凍人間、夜、ある民家にやってきて、表札を見る。
 (川辺武? ……違う、家の様子も何もかも少しずつ違う。私が今朝家を出てから……誰だあの女は?)

 ちょうど玄関から主婦らしい女が出てくる。ここは彼の家らしいのだが、妻ではない、全く見知らぬ女だった。女がけたたましい悲鳴を上げたので、冷凍人間はその場から逃げ出す。

 翌日、再び例の研究所。加瀬が灯油をまいて、火をつけている。
 そこへ同僚の島村がやってくる。

 島村「加瀬さん何をするんだ、あの男が焼け死ぬ」
 加瀬「よせ、やめろ、管理人の水野さんが変死してるんだ。警察の手が回ってみろ」
 島村「しかし」
 加瀬「これでいいんだよ。今世間に知れると我々は殺人犯だ」
 もうもうと煙の上がる建物から、加瀬が島村を引き摺るようにして出てくる。
 二人は、冷凍人間がまだ棺桶の中にいると思っているようだ。

 PDVD_005.jpg
 加瀬「騒ぎが収まるまで、実験は中止だ。島村、慌てるな。この資料を整理して完璧な報告書を作り上げる。出来上がってみろ。俺とお前には、素晴らしい栄光が待ってるんだ」
 二人は車でそこを離れる。加瀬を演じるのは最近(でもないか?)鬼籍に入られた西沢利明さん。名優です。

 別の研究室で二人が話している。その様子を冷凍人間が窓から覗いている。
 (昨日の朝、最初に声を掛けてきたのはあの男だ……)

 PDVD_006.jpg
 ここで、「昨日の朝」のことを回想する冷凍人間。

 朝の通勤風景。
 ベンチに座っていたサラリーマン(冷凍人間・岡崎)に、加瀬が声をかける。

 加瀬「どうです、一日だけ蒸発しませんか」
 岡崎「蒸発? 面白いだろうなぁ」
 加瀬「公園を歩いて、映画を見て、酒を飲んで、結局は家へ帰りますか」
 岡崎「サラリーマンの一日だけの儚い反抗ですな。ははははっ、じゃ、サボりますか!」

 (やっぱりあの男だ……)
 冷凍人間が立ち去ったあと、島村がその窓の水滴が凍っているのに気付く。

 島村「冷凍人間だ。長い間に体内に染み込んだあれが、もし体の中を流れ始めていたら」
 加瀬「そんな、ばかなこと……」
 島村「我々が作ったあれは、普通の液体ヘリウムや液体空気とはまるで違うんだ」

 怯える島村だが、加瀬は逆に彼を捕まえれば実験の生きた証になると目を輝かせる。

 PDVD_008.jpg
 あれこれと冷凍人間に関する調査を行った牧(岸田森)は、かっこいいSRIの専用車に乗って考える。
 (宇宙旅行か……人類の夢が数十光年の星に到達する。その為には人間の命は短過ぎる。宇宙開発を進めていく為には、この問題も解決しなければ。人間を低温で保存する。……そうか、冷凍人間の可能性はあるんだ)

 その後、漸く警察が吉野の身元を割り出し、例の研究所の所在を突き止める。

 PDVD_009.jpg
 町田警部と牧がそこへ行くが、加瀬によって放火されたあとで、手掛かりは得られない。

 と、のそのそと冷凍人間が入ってくる。取っ組み合いになるが、冷凍人間は不利を悟って逃げ出す。

 PDVD_010.jpg
 冷凍人間に腕をつかまれた牧、防護ジャケットを着ていたにもかかわらず、軽い凍傷になっていた。
 町田「一体今のは何だ?」
 牧「冷凍人間ですよ」

 牧は実験を重ね、「フレオンX12」なる薬品で、モルモットの体をマイナス87度まで下げ、冷凍人間とほぼ同じ状況にすることに成功する。

 牧「人間の細胞は7年経てば全部変わる。冷凍中も基礎代謝は続き、細胞は極超低温に対する異常な耐性を持った。町田さん、早く捕まえないと大変なことになりますよ」

 その後、遂に島村が冷凍人間の餌食になる。

 PDVD_012.jpg
 一方、とある民家に冷凍人間が現れたと聞いて、牧たちは事情を聞きに行く。
 そこは、冷凍人間・岡崎が住んでいた家だった。

 主婦「青白い顔して、青白い煙が体中から」
 牧「冷凍人間……」
 的矢「しかしおかしいな、冷凍人間がどうしてここへ?」
 町田「何か心当たりは?」
 主婦「いいえ」
 的矢「失礼ですが、ご家族の中に行方不明になられたような方は?」
 主婦「いいえ、あ、そう言えば、この家6年前に買ったんですけど、お売りになった奥さんのご主人がその1年前に行方不明になられたんですって……朝、会社へ行く途中……岡崎さんと仰るんですけど」

 つまり、冷凍人間にとっては「昨日」でも、実際は7年もの歳月が流れていたのだ。

 PDVD_013.jpg
 その頃、加瀬は、焼け焦げた研究所に戻っていた。
 加瀬「もう一度やり直すんだ。もう一度……」
 背後から、冷凍人間が現れる。

 加瀬「誰だぁーっ! ……岡崎か? 岡崎ぃ、良く帰ってきた。ふふ、ふふふふふ」
 逆にいとおしそうに冷凍人間に抱きつこうとする加瀬。そう、既に加瀬は正気を失っていたのだ。

 このキチガイ演技、さすがです。

 冷凍人間も、こんな男を殺してもしょうがないと思ったか、さっさと出て行く。
 加瀬「待て、待ってくれーえっ! ……ふは、ははははは」

 牧たちは、冷凍人間の正体が岡崎だと確信すると、彼の暮らしていた家の前で待ち伏せする。

 PDVD_015.jpg
 待つこともなく、冷凍人間がやってくる。
 町田たちは岡崎を元の体に戻そうとなどとはせず、いきなり発砲する。

 PDVD_016.jpg
 そして、SRI特製の「サンビーム500」を発射!

 具体的な説明はないが、とにかく強力な熱線砲らしい。

 PDVD_018.jpg
 ビームを受けて、冷凍人間の手指がぼろぼろに崩れ落ちる。

 そして、炎に包まれる冷凍人間。

 PDVD_021.jpg
 無論、牧にも勝利の喜びなどはない。

 牧(かわいそうに、あの男は既に7年前に殺されてたんだ。いや、7年もの間、氷の死刑台で殺され続けてたんだ。狂った死刑執行人の手によって……そしてそれが今、終わったんだ)

 おわりです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

冷凍人間を元に戻そうとしない(できない)のがミソですよね。
燃やす(殺す)ことでしか救ってやれないのがしんみりきますね。

Re[1]:「怪奇大作戦」セレクション 第13話「氷の死刑台」(07/22)  

劇中では割とさらりと描かれてますが、岡崎さん、どえらい迷惑な一日でしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター