FC2ブログ

記事一覧

「花のあすか組!」第10話 その2

[DVD] 花のあすか組! 壱

[DVD] 花のあすか組! 壱
価格:7,991円(税込、送料別)


 第10話「ミコの恋 パンツでデート」(1988年6月20日)
 の、続きです。

 奈津子、全中裏の本部へ帰国の挨拶に訪れる。

 PDVD_009.jpg
 春日「奈津子、どうであった留学は?」
 奈津子「ひばり様の御恩に報いるため、精一杯努力して参りました」
 春日「お前が世界ジュニア選手権に5位入賞を果たした時はひばり様はことのほかお喜びになって……」
 奈津子「光栄でございます」

 5位入賞と言うのが、実に微妙な成績で、凄いのか凄くないのか、さっぱり分からん。

 春日「もしお前が望むなら、ブルガリアに留学を」
 奈津子「ひばり様!」
 ひばり、黙って頷く。
 春日「その代わり」
 奈津子「西区のことでございますね」

 PDVD_010.jpg
 意地でも喋ろうとしないびはり様、例によって変なイラスト付きのレースのハンカチ(?)をシュバッと投げて命令を下す。
 奈津子「花園中学を拠点にせよ……」

 ひばり様はごっつい金持ちで、才能のある全中裏のメンバーを海外留学させることなど朝飯前。親が金持ちと言うより、これだけ好き勝手やっているということは、既に親は他界して、その遺産が莫大なのかもしれない。

 しかし、今回もひばり様の台詞は一切なし。佐倉しおりさん、楽といえば楽だが、物足りなかったんじゃないかなぁ。

 PDVD_011.jpg
 ミコ、珍しく花園中学から出てくる。ミツオが追いかけてくる。
 ミツオ「どこへお出掛けになるんですか」
 ミコ「なつくな! お前みたいに自分のことしか考えてない奴は嫌いなんだよ」
 ミツオ「違います。ミコさんの為なら、何でも出来ます!」
 ミコ「信用できっか」

 ミツオ、ミコの肩を掴んで引き止め、真顔で問い掛ける。
 ミツオ「ミコさんは自分のことしか信じてないんですか。人のこと、信じたことないんですか?」

 ミコ、何か良いことを思い付いたと言う笑みを浮かべ、
 「お前、ほんとに何でもやるんだな? じゃあ、裸になりな
 と、とんでもないことを言い出す。

 ミツオ「ええっ」
 ミコ「裸になってあたしが良いって言うまで校庭走んな」
 さすがにたじろぐミツオだったが、ミコに「出来ないの?」と意地悪く聞かれ、

 PDVD_013.jpg
 色気のないパンツ一丁になって、校庭をぐるぐる走る。

 厳密に言えば裸ではないのだが、まあ、テレビだからね。
 それに、ギャラリーもいないので、それほど恥ずかしくもない。

 PDVD_012.jpg
 その様子をあぐらをかいて、ポップコーンか何か食べながら楽しそうに見物しているミコ。

 小沢なつきさん、膝小僧に絆創膏が見えるが、アクションシーンなどで擦り剥いたのだろうか?

 へろへろになったミツオに、
 ミコ「もういいよー」
 ミツオ「まだーっ」
 ミコ「もういいってーっ」
 ミツオ「それじゃあ?」
 ミコ「でも、恋人になるってんじゃないぜ」
 露骨にしかめ面をするミツオ。

 しかし、言うことを聞いたら付き合ってあげるなどとは、ミコは一切約束してないんだけどね。
 ミコ「でも、お前、良い奴だな」

 ミコはミツオを置いてさっさと帰ろうとする。

 PDVD_014.jpg
 と、グラウンドの端に、女子生徒がしゃがみこんでいる。
 ミコ、慌てて駆け寄り、
 「どうした、奈津子か?」と、声をかける。

 だが、振り向いたのは別人で、ミコの腹に一発パンチを見舞う。
 ミコ「ケイコ……」

 彼女はミコも顔見知りの、恐らく奈津子の部下だろう。
 あえなくその場に崩れ落ちるミコを、ケイコは体育館へ運ぶ。

 PDVD_015.jpg
 ミコ、リボンで顔を叩かれて目を覚ますと、レオタードを着た奈津子が立っていた。新体操部も、奈津子の、全中裏の支配下に入っているようだ。

 奈津子「気が付いたか、ミコ……この学校で全中裏に逆らおうというのはお前一人……1年前と同じね」
 ミコ「違う。絶対にいるさ、心に抵抗の炎を燃やしてる奴が」

 PDVD_016.jpg
 奈津子「無駄よ、これからこの花園中学を拠点にして、西三区は再び全中裏の手に落ちる」
 ミコ「ばーかっ、西三区にはあすかがいる。はるみもいる。それだけじゃない、独立スケバンの全てを敵に回して、勝ち目があると思ってんのか?」
 奈津子「はははっ、九楽あすかがこの花園中学に手を出すことは出来ないわ。この学校の生徒たちは全員この手の中にあるのよ」

 ミツオ、パンツ一丁でその様子を心配そうに覗いている。服着ろよ。

 PDVD_000.jpg
 ミツオ「ミコさん……」
 ケイコ「何してんの、来なさい!」

 新体操部の練習(?)をそんな格好で覗いてたら、そうなりますわな。しかも汗びっしょり。
 奈津子の前に連れて行かれるミツオ。

 奈津子「誰です、この男は」
 ケイコ「さっきから中の様子を窺って」

 PDVD_001.jpg
 ミコ、ミツオの顔を見て、ある提案をする。
 ミコ「奈津子、試してみないか、抵抗するものがあたしひとりかどうか?」
 奈津子「この男で?」

 ミコはミツオを真正面から見据えて、
 「男が一度言ったことは忘れんじゃねえぞ」

 奈津子はミツオに向かい、
 「全中裏を知っていますね。全中裏は無抵抗なものには手を出しません。それどころか、あなたの身をきちんと守ってあげます」

 PDVD_018.jpg
 と、他の新体操部員が、ミツオを取り囲む。色とりどりのお尻、いいですね!

 しかし、パンツ一丁の男子が、レオタード姿の女子中学生に取り囲まれている……。
 M系の変態にとっては、至福のシチュエーションではないだろうか?
 (註・いや、管理人は違いますよ。ほんと、全然そんなことないです。ほんとです)

 奈津子「でも、ミコさんはあなたが全中裏を敵に回す筈だと言っています」

 ミツオはミコを見る。ミコは励ますような表情で、ミツオをじっと見詰める。

 だが、ミツオは、
 「僕、明日の試験のことだけで、他のことは……」

 PDVD_019.jpg
 あっさり裏切られて、ショックを受けるミコ。

 部員たちは嘲り笑うと、「ほら、早く帰って試験勉強しないと」と、ミツオを押し出す。

 ミコを見ようともせず、とぼとぼと出て行くミツオの背中に、
 ミコ「頑張るんだぜ、試験」
 と、強烈な一言。

 奈津子「ミコ、相変わらずね、あんたは馬鹿よ。誰だって自分が一番大事。だから大きな力に従って生きていくの……その中でトップに立てば初めて自由になれる」
 ミコ「そういうのをカゴの中の鳥って言うんだぜ」
 奈津子「ミコ、今すぐとは言わない。じっくり身の振り方を考えるのね」

 ミコは無言で荷物を取って、体育館を出て行く。

 つづく。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

この当時の新体操レオタード 今のスカート衣装に比べ地味だが超興奮!お尻の形、柄模様ないだけに体の線はっきりしているもの、ふともももなまめかしい

Re[1]:「花のあすか組!」第10話 その2(07/24)  

TKK様
コメントありがとうございます。

>この当時の新体操レオタード 今のスカート衣装に比べ地味だが超興奮!お尻の形、柄模様ないだけに体の線はっきりしているもの、ふともももなまめかしい

お目が高いですね。
他には「宇宙刑事シャイダー」の13話なんかオススメです。まだ書いてませんが。

Re[2]:「花のあすか組!」第10話 その2(07/24)  

お返事ありがとう。どんどん見たいねこの当時の新体操れレオタード

Re[3]:「花のあすか組!」第10話 その2(07/24)  

t.k様
>お返事ありがとう。どんどん見たいねこの当時の新体操れレオタード

何ヶ月も前のコメントにわざわざ返信ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター