FC2ブログ

記事一覧

「仮面ライダーアマゾン」第2話


 第2話「十面鬼!神か?悪魔か?」(1974年10月26日)
 のっけから、十面鬼ゴルゴスが吠えている。
 「アマゾン、貴様が地球上の何処へ逃げようとも、この十面鬼から逃れることは出来ないのだ」

 岩についている顔も、それぞれアマゾンへの呪いの言葉を吐く。

 PDVD_002.jpg
 そのアマゾン、朝日に向かってひとり、太極拳のように腕をぐるぐる回していた。

 ナレ「この男アマゾンとは、23年前、南米の奥地に一機の飛行機が墜落した。この事故に奇跡的に助かったただひとりの赤ん坊がいた。その名は山本大介、今日のアマゾンである。アマゾンはジャングルの中で逞しく、ターザンのように野生児として育った」

 ごく大雑把に語られるアマゾンの生い立ち。山本大介と言うのが本名だが、これ以降、劇中で使われることはない筈だ。

 夜、アマゾン、初めて見る電車に怯え、猛り、線路の中で立ち尽くす。
 そして轢かれてペシャンコになる(註・なりません)。

 寸前でよけた際、足に傷を負ってしまう。ちょうど通りかかったのが、りつ子たちの友人である正子と言う女性。彼女は犬の散歩をしていたのだ。

 PDVD_004.jpg
 正子「あなた、アマゾンでしょ? 血が出てるわ」
 「うがーっ」と警戒するアマゾンに構わず、ハンカチで傷を縛ると、
 正子「待っててね、すぐまさひこちゃん連れてくるから」

 正子は公衆電話でまさひこに知らせる。まさひこはすぐにやってくるが、その場所へ戻ったときには、既にアマゾンの姿は消えていた。
 やがて、少し離れた場所から、アマゾンの雄叫びと怪物の鳴き声が聞こえていた。行ってみると、アマゾンは吸血コウモリ獣人と取っ組み合いをしていた。

 PDVD_005.jpg
 この獣人、翼がかなり大きくて、アマゾンとの格闘シーンはなかなか絵になる。

 PDVD_006.jpg
 アマゾンの闘志が燃え上がり、正子たちの前でアマゾンライダーに変身する。アマゾンは変身の際、人に見られるのを気にしない、特異な仮面ライダーなのだ。

 激しい戦いを繰り広げるアマゾンと獣人。その最中に、見物していた正子が獣人に噛まれると言うアクシデントが発生。アマゾンが正子を気遣っている隙に、コウモリ獣人は退散する。

 逃げ帰った獣人に対するゴルゴスの反応は過酷で、
 「我が身を捨てても敵を殺す。このゲドンの掟を破ったことになる。獣人吸血コウモリよ、そんなに命が惜しいか? 腰抜けめ! 生き恥は晒せまい」
 例によって、まだ番組が始まったばかりだというのに獣人を自ら処刑しようとする。

 PDVD_009.jpg
 だが、顔のひとつが、「お待ち下さい。最後の詰めの甘さは認めます。しかし、奴をあと一歩まで追い込んだ力、見るべきものはあります」と助け舟を出し、他の顔も同調した為、獣人は処刑を免れ、もう一度チャンスが与えられる。
 この顔を演じているのは中村文弥さんだが、喋り方はまんま、V3のヨロイ元帥である。

 ここで、ゴルゴスが部下に向かって訓示を垂れる。これは視聴者にゲドンと言う組織の目的を説明する為だ。 「良く聞け、我々の目的は全世界を征服し、この十面鬼が支配するゲドンの帝国を築くことにある。その為には古代インカの科学が秘密に開発した超エネルギーが必要なのだ。そのエネルギーの眠る秘密の扉を開くには、二つの鍵が必要なのだ。ひとつはこの十面鬼の持つガガの腕輪、またひとつは我が敵、アマゾンの持つギギの腕輪だ。この二つの腕輪が揃った時、初めてその扉が開かれるのだ。アマゾンを殺せ、ギギの腕輪を奪うのだ。そして世界はゲドンが支配するのだ!」

 また、ナレーターによって「十面鬼とは、巨大な岩石に組み込まれた改造人間、そして悪の組織ゲドンの首領である。世界征服を企む十面鬼は強大な組織力に物を言わせて、一般市民を襲い、ゲドンの生命の源、人間の血を次々と奪った」と、補足説明される。

 ここでははっきり首領と言われているが、最終回ではその後ろに別の支配者がいたことが分かる。
 ま、首領なのに「改造人間」と明言されちゃってるしね。

 なお、ナレーションにあわせて下の顔がそれぞれアップになるのだが、

 PDVD_010.jpg
 そのうちの一人は、葉巻をぷかぷか吸っている大物ぶりを示す。ゴルゴスより偉そうじゃねえか。

 初めは、十面鬼の顔もそれぞれ個性があって面白いんだけどね。途中から全員真っ赤に塗られてしまう。

 その頃、正子は獣人の毒が体に回り、ベッドの上で苦しそうに喘いでいた。

 PDVD_011.jpg
 母親「先生、正子は?」
 ヤブ医者「うむ、色々と検査をして見ましたが、どこと言って悪いところはありません」
 りつ子「だって正子はこんなに苦しんでるんですよ!」
ヤブ医者「今の医学では解明できない、新しい症状だということです。私どもも最善の努力をするつもりですが……」
 それだけ言って、さっさと病室を出て行く医者。この手の番組に出てくる医者って、みんなこんなのばっかりである。

 りつ子は正子の手を握って励ます。と、窓の外にアマゾンの顔が覗く。
 
 目を輝かせてアマゾンに近付こうとするまさひこを、りつ子が引き止める。
 りつ子「正子がこんなになったのも、みんなアマゾンのせいよ」
 まさひこ「何を言うんだ。アマゾンが正ちゃんを助けたんだよ」
 りつ子「いいからどいてなさい!」

 PDVD_013.jpg
 りつ子「あっち行ってよ、近寄らないで! ここはあんたが来るところじゃないわ!」
 りつ子の激しい言葉に、

 PDVD_012.jpg
 (それはないわ~、ひくわ~)
 と言うような顔をするアマゾン(註・あくまで管理人の妄想です)。

 ライダーガールが、ライダーのことを誤解して憎んだり拒絶したりするのはよくあるが、このりつ子さんは、特にそう言う気持ちをストレートにぶつけることで、他のライダーガールと一線を画している。この時はほとんど初対面だから当然かもしれないが、だいぶ後でもかなり手厳しい言葉をアマゾンに放っている。

 PDVD_015.jpg
 りつ子に追い返されたアマゾンは、ジャングルで得た知識を活かして、その辺の植物を採集し、ありあわせの道具で何か薬品を調合していた。無論、正子に飲ませるための解毒剤である。

 PDVD_014.jpg
 正子の母親の嘆きを聞いて、りつ子、
 (どうしてこんなことが起きるの。あたしたちには何も罪はないはずよ。みんな明るく生きているのに。みんなアマゾン、あいつのせいだわ)
 と、ますますアマゾンへの怒りを滾らせていた。

 翌朝、アマゾンはまさひこに完成した薬を渡し、手振り身振りで飲ませるよう頼む。

 PDVD_017.jpg
 正子は、全身に毒が回り、こんな顔になっていた。このメイクはなかなか凄いよね。

 PDVD_018.jpg
 まさひこは、すぐに正子に飲ませようとするが、りつ子がそうはさせじと邪魔をする。瀕死の病人の枕元で取っ組み合いをする姉と弟。
 だが、正子が「薬を飲ませて、あの人は悪い人じゃない……私を化け物から救ってくれたわ」と言って、自分から進んで薬を一気飲み。

 長くなったので続きは簡単に書く。
 アマゾンは、獣人の隠れ家を探し当て、変身して戦う。
 その間に、正子の毒が徐々に薄れて行き、元の綺麗な顔に戻る。
 アマゾンに切り刻まれた獣人、再びゴルゴスの前に舞い戻るが、今度は容赦なく処刑されてしまう。
 1話に続いて部下を自ら処刑して嬉しそうなゴルゴス。そこ、喜ぶところじゃない。

 PDVD_020.jpg
 正子の回復を喜ぶりつ子たち。
 まさひこ「治したぞ、アマゾンが病気を治したぞ」
 我がことのように誇らしげに言うまさひこが可愛い。

 PDVD_021.jpg
 最後、危ないところでポーズを取るアマゾン。この後、波に飲まれて行方不明になる(註・なりません)。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ギギの腕輪とガガの腕輪の設定は
後の「BLACK」の2つのキングストーンを連想させますね。

しかし、他の組織と比べると、ゲドンは中小企業っぷりがあります。
それなのに、部下を処刑して喜ぶ十面鬼・・・

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

>ギギの腕輪とガガの腕輪の設定は
>後の「BLACK」の2つのキングストーンを連想させますね。

ああ、そう言われれば……

>しかし、他の組織と比べると、ゲドンは中小企業っぷりがあります。

中小企業(笑)
言い得て妙ですね。

獣人の半分くらいは、ゴルゴスが殺してるような気が……。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

こうして観るとそれぞれ第1話が蜘蛛(獣人)で第2話が蝙蝠(獣人)ですか?原点回帰を意識したのでしょうか?私の勝手な深読み(対した事はありませんが)でしょうか?

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

ふて猫様
>こうして観るとそれぞれ第1話が蜘蛛(獣人)で第2話が蝙蝠(獣人)ですか?原点回帰を意識したのでしょうか?私の勝手な深読み(対した事はありませんが)でしょうか?

なるほど、それはあるでしょうね。

それにしても久しぶりに見ると、りつ子さんがめっちゃ可愛いですな。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

ニコニコ動画で観直しています。
今回はりつ子さんに注意して観てます。
この回はかなりのミニスカなのですが、ほんの一瞬しか映りません(泣)
しかし可愛いですよね。少女と大人の女性の間かなぁ・・・
この回だけの正子さんも美人です!

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

影の王子様

りつ子さんの可愛さはちょっとヤバイですね。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

こうしてみると他の仮面ライダーと違って変身シーンを目撃されても主人公は全く気にもとめない
のも他のライダーと比べたらかなり異質な存在ですね。それに他のライダーが助っ人に来ないのもアマゾンぐらいなものでしょうか?

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

ふて猫様
>こうしてみると他の仮面ライダーと違って変身シーンを目撃されても主人公は全く気にもとめない
のも他のライダーと比べたらかなり異質な存在ですね。

そうですね。ま、野生児はそんなこと気にしないでしょうからね。

Re:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

りつ子さんの知り合いが(正子さん)コウモリ獣人に噛まれたのと仮面ライダーでルリ子さんが蝙蝠男に噛まれてビールスを注入されたシーンはそっくりのようですね😅りつ子は暫くの間アマゾンに対して憎悪を抱いていたのとルリ子さんが本郷を憎んでいたのと似たようなパターンですね😓

Re[1]:「仮面ライダーアマゾン」第2話(07/30)  

ふて猫様
>りつ子さんの知り合いが(正子さん)コウモリ獣人に噛まれたのと仮面ライダーでルリ子さんが蝙蝠男に噛まれてビールスを注入されたシーンはそっくりのようですね

そうでしたか。気付きませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター