FC2ブログ

記事一覧

「緊急指令10-4・10-10」セレクション 第17話

緊急指令10-4・10-10 DVD-BOX 2 【DVD】

緊急指令10-4・10-10 DVD-BOX 2 【DVD】
価格:9,849円(税込、送料別)


 第17話「妖怪ねずみ地獄」(1972年10月23日)
 珍しく東京を離れ、景色の良い高原(信州?)で、友人と二人、絵を描いているナミ。
 何故か、制服を着たままである。
 PDVD_000.jpg
 妙子「もう完成ね」
 ナミ「休暇も今日で終わりですもの」
 妙子「寂しくなっちゃうわ」
 ナミ「また来るわよ!」
 妙子も自分の絵の仕上げに取り掛かろうとするが、思い出したように
 「ねえ、これ使って、香水なの……もらいもんだけど、あたしは香水のアレルギーでつけられないのよ」
 と、香水の小瓶を渡す。
 ナミ「ありがとう、記念に頂くわ」

 時折笑みを交わしながら筆を動かすナミと妙子。だが、突然妙子の悲鳴がこだまする。ナミが振り返ると、妙子の体がその場で沈んでいくではないか。慌てて駆け寄ると、妙子は特大サイズのアリジゴクの罠のようなものに落ちていた。ナミは必死で助けようとするが、奮闘空しく妙子の体は地中に吸い込まれてしまう。

 ナミは直ぐに東京のチーフに連絡を取り、至急応援に来てくれるよう頼み、自分はスコップで妙子を掘り出そうとする。ほとんど半狂乱で穴を掘っていたナミのところへ、やがてチーフたちが到着、とにかくみんなで力を合わせてどんどん深く掘り進める。

 遂に、妙子のスカーフらしきものが出てくる。しかし、固い岩盤に阻まれ、それ以上は無理だった。

 毛利博士は三郎が持ち帰ったその穴の土を分析し、その中から巨大なネズミ(推定2メートル)の体毛を発見する。しかもそれから放射能が検出された。後に分かるのだが、その土地にはかつてウラン鉱があったのだ。
 こうして、放射能→巨大化と言う安易な判定が下される。

 また博士は、巨大ネズミが横穴を掘って、離れた場所にある巣へ妙子を連れて行ったのだろうと推測する。無論、食料にするためだ。その後、同様の事件が立て続けに起こり、村人が犠牲になる。
 PDVD_004.jpg
 悲嘆に暮れるナミは、その場所に勝手に墓を立て、妙子の霊を慰める。
 ナミ「妙子、あの化け物は必ずあたしが倒して見せるわ……妙ちゃんあなたに頂いた香水よ、今日から使わせて頂くわ。そうよ、いつも一緒にいるつもりで」
 ナミはそう言って、首筋に香水を塗りたくる。

 PDVD_005.jpg
 その後、今度は若い女性が被害に遭うが、その死体は何故か地上に放り出されていた。
 ナミがそれを疑問に思い、東京の毛利博士に無線で知らせる。
 毛利「そうか、特に気付いたことはないか」
 ナミ「別に……ただ随分たくさん香水を付ける人だなと思いました。遠くにいたあたしのところまで匂ってきましたもの」

 現地のメンバーは音波探知機を使ってネズミの居場所を特定しようとする。しかし、その最中、今度はナミ自身が地中に引き摺り込まれてしまう。
 坑道の中で泥だらけになって目覚めたナミ、ふと横を見ると、

 PDVD_007.jpg
 こんなのがいた。こんなのがいてもなぁ……。

 周囲に、たくさんの人骨があって、その中には妙子のものと思しき衣類もあった。
 ナミ「妙子! ああ……」

 一方、地上のチーフたちはてっきりナミがもう殺されたものと諦めていた。東京から小型爆弾を携えて、毛利も現地にやってくる。小さなボーリングで穴を開け、その爆弾で一挙にネズミを殺そうとするが、直前にナミの無線が入った為、爆破を中止する。ナミが無事だと知り喜ぶが、そうなると爆弾を使うのは難しい。

 PDVD_010.jpg
 そこで、今度はチーフが毒ガスを用意して単身廃坑に潜り、ネズミと格闘したりして、遂にネズミを退治し、ナミを救出するのだった。

 無論、ナミがすぐネズミに食われなかったのは、妙子から貰った香水をつけていたお陰だった。ネズミは香水の匂いが嫌いだったのだ。

 発端はなかなかハードなんだけど、怪物の正体があまりに早く分かり、しかもどっからどう見ても人間が入っている……と言うのがトホホなエピソードであった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター