FC2ブログ

記事一覧

「緊急指令10-4・10-10」セレクション 第18話

緊急指令10-4・10-10 DVD-BOX 2 【DVD】

緊急指令10-4・10-10 DVD-BOX 2 【DVD】
価格:9,849円(税込、送料別)


 第18話「人喰いナメクジ発生!!」(1972年10月30日)
 ……デジャヴだろうか? つい最近、似たようなタイトルを目にした気がする。

 さて、とある団地でひとりで遊んでいる可愛い女の子マキ、その前に一台の車が現れ、運転席の男が言葉巧みに彼女をドライブに誘う。顔見知りらしいマキは嬉しそうに助手席に乗り込む。

 PDVD_011.jpg
 一見、何処に出しても恥ずかしくない変質者に見えるのだが、彼、坂巻雄三(東野英心)はあくまで善良な若者なのである。
 ……ま、ロリコンの可能性は高いが。

 坂巻は満面の笑みを浮かべて、車を発進させる。

 そんなことは知らないマキの母親は、娘がいないので近所を探し、団地の子供たちに聞いて回る。
 PDVD_012.jpg
 その一人、愛子は、吾郎の無線仲間でもあったので彼にも知らせ応援を求める。吾郎はすぐに現地へ行く。
 ちなみに、この愛子を演じているのが、声優の鶴ひろみさんと言うのは割と有名である(そうか?)。

 PDVD_013.jpg
 彼らがマキがいなくなった辺りをうろうろしていると、気味の悪いナメクジが這っていた。彼らは気味悪がって塩をぶっ掛けて虐殺する。
 ……嫌な予感がするなぁ。

 結局マキの行方は分からず、当然、彼女を連れ出した坂巻が誘拐犯として指名手配される。
 PDVD_014.jpg
 意外にもその坂巻、一平に伴われて毛利チームの基地へやってくる。彼は一平の友人だったのだ。
 坂巻はあくまで自分は無罪だと主張する。
 坂巻「俺、ただドライブに誘っただけなんだ。夕方ちゃんとうちに帰したんだよ……俺とマキちゃんはな、仲良しだったんだよ。俺の友達だったんだよ!」
 坂巻の告白に、

 PDVD_016.jpg
 早苗(ロリコンね……)
 ナミ(ロリコンだわ)
 と、確信する女子たち。

 10418
 坂巻を見詰める吾郎の目も、ブリザードのように冷たかった(嘘、ほんとは彼のことを信じている目)。

 チーフたちは自首を勧めるが、かつて少年院にいたと言う坂巻は警察が信じてくれる訳がないと行きたがらない。一平が無理矢理彼を連れて行こうとするが、途中で一平を殴って逃亡してしまう。彼は自分で誘拐犯を捕まえるつもりなのだ。

 その後、マキの衣類が団地の近くで見付かる。また、坂巻自身、巨大なナメクジに襲われて何とか逃げる。
 他にも巨大ナメクジによる被害者が出る。てっきり、マキはまだ生きていて、坂巻が助けるのかと思ったが、そんな甘い話ではなく、マキもやはりナメクジに食われていたのだ。えげつない。

 PDVD_018.jpg
 すぐに坂巻はそのことを毛利チームに知らせるが、応対に出たナミは信じようとしない。
 ナミ「ナメクジのお化けだなんて、妙な作り話はやめたほうがいいわよ」

 ナミさん、前回、ネズミのお化けに襲われてませんでしたか?

 他のメンバーも本気にしないが、毛利博士だけ、ナメクジの痕跡を探すよう指示する。
 チーフたちは粘液を辿っていくうちに、ゴミ捨て場に到達。

 PDVD_019.jpg
 そんな彼らの前に、白昼堂々、何の緊張感もなく出てくる巨大ナメクジ。

 PDVD_020.jpg
 しかも、親ナメクジの後から子供のナメクジまでついていくものだから、ひたすら可愛いのだ。

 BGMは、あくまでサスペンスフルなものだが、さすがにこの画面に緊迫感を添える任務は荷が重かった。

 粘液を調べた毛利は素早く怪物の正体を解説する。
 毛利「動物を骨まで溶かしてしまう強力な消化液を持っている。恐ろしい奴だ。放射能の雨か何かで、突然変異を起こして、巨大な姿になったらしい……」
 と言う訳で、今回も放射能→巨大化と言うパターンが繰り返される。

 しかし、当時の日本には、ちょくちょく「放射能の雨」が降っていたのだろうか? そっちの方がよっぽど怖い。

 1041801
 ちなみに、ナメクジの触角、どう見ても電球を赤く塗ったものだ。

 PDVD_023.jpg
 終盤、マキちゃんの仇を取るんだい! と、ナメクジと取っ組み合いをする坂巻(熱血ロリコン)。
 ちなみに坂巻は21歳と言う設定だが、演じる東野英心さんは当時30歳。

 で、まあ、最後は毛利博士の開発した薬液でナメクジは滅ぼされる。一応、凄まじいゴミの山とか、文明批評になりそうな映像もあるんだけど、あくまで怪物とのバトルがメインで、心に引っ掛かるものはひたすらロリコン野郎のかっこよさだけ。

 PDVD_024.jpg
 最後、お返しに殴ってくれと坂巻に頼まれた一平、本気で殴ってしまい、坂巻は死亡する(註・しません)。だが、相手がなにせロリコンだったので、居合わせた毛利チームの面々も「ま、いっか、ロリコンだし」とあまり気にしない(註・します)。

 それにしても、2話続けて巨大動物パニック物をぶっこんで来るのはどうかと思う。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター