FC2ブログ

記事一覧

優しい世界を作ろうぜ「バトルフィーバーJ」セレクション 第16話 前編


 第16話「格闘技!闇の女王」(1979年)

 子供たちに人気のプロの格闘家が、トンガリ頭巾を被った網タイツの変態集団に襲われると言う事件が続発する。

 PDVD_014.jpg
 しかも男ばっかり! 初っ端から生まれてきたことを後悔したくなるような映像を見せないで欲しい。

 そんな折、ケイコが「悪魔館主催 女子格闘技 闇の女王決定戦」と言う怪しげなチケットを手に入れたと、美容院で仕事中の京介のところへ通信機で知らせてくる。京介は客をほったらかしにしてケイコのところへ行く。

 ケイコ「面白そうだから行って見ましょうよ~」
 京介「君はだーめっ!」
 ケイコ「どうしてよー、これあたしが貰った招待券なのよー」
 しかし、そもそもなんでそんな物がケイコに届けられたのか、謎である。

 PDVD_000.jpg
 そこへダイアンが華やかに登場。
 ダイアン「あっ、グッモーニング!」
 京介「ボンジュール! ダイアン、僕とデートだ!」
 と、ケイコのチケットを取って、二人で出掛けてしまう。

 PDVD_001.jpg
 ケイコ「もぉーっ」
 いつものことだが、子供扱いされて悔しいケイコ。もっとも、ここのケイコは特に子供っぽく見えるのでしょうがない。

 PDVD_002.jpg
 正装し、仮面を付けた京介とダイアンはその試合を見に行く。
 やがて花道から、二人の女子レスラーが現れる。

 PDVD_018.jpg
 まず、いかにも本職の女子プロレスラーと言う感じの精悍な、そして美しい女性が登場。

 PDVD_003.jpg
 その対戦相手、ブラック・タイガー マリーと言うエビみたいなリングネームの女の子は、京介たちの前で足を止め、意味ありげに京介を見遣る。

 彼女は京介がバトルフィーバーだと知っていたのか、それも良く分からない。まさか彼女が招待券を送った訳ではないだろうし。
 なお、マリーを演じるのは戦隊シリーズ2作目「ジャッカー電撃隊」のレギュラーだったミッチー・ラブさんである。その頃に比べて、スリムになってグッと綺麗になった気がする。

 リングアナ「ただいま、女子格闘技、闇の女王決定戦を行います。赤コーナー、女子超A級1位、ブラック・スネーク! 青コーナー、女子超A級2位、ブラック・タイガー、マリー! この試合は時間無制限、反則お構いなし、相手が死ぬか、完全にギブアップするまで戦います」

 PDVD_023.jpg
 マリーの対戦相手のブラック・スネークを、本物の女子レスラーである横田利美、つまりジャガー横田さんが演じている。

 しかし、若い女の子が、衆人環視の中でシャツを脱ぐってエロティックだね。

 PDVD_024.jpg
 鋭い表情をしていても、お尻は可愛い……。

 ゴングがなり、試合開始。
 一方は本職だし、ミッチー・ラブさんもアクションは得意なので、なかなか迫力あるプロレスのシーンとなっている。

 PDVD_025.jpg
 スネーク、マリーの体をマットに叩き付ける。

 ……尻に手が食い込んでいる!

 観客も、沸きに沸く。

 PDVD_027.jpg
 時折、マリーがどう見ても完全におっさんになるのが、ちょっと残念だ。

 PDVD_005.jpg

 PDVD_004.jpg
 マリー、スネークに飛び掛かってエルボーを叩き込む.

 いやぁ、女子プロレスってちょっと良いね(性的な意味で)。

 PDVD_026.jpg
 試合の方は、ゲストヒロインであるマリーが勝利を収める。

 観客はしっかり金も賭けていて、どう見ても非合法の地下プロレスっぽいのだが、

 PDVD_007.jpg
 その結果が、普通の大手紙にでかでかと掲載されると言うのが、いまいち良く分からない。

 その新聞を見ながら話し合うバトルフィーバーの面々。

 PDVD_008.jpg
 ダイアン「あたしはなんだか、エゴスのニオイを感じたわ」
 ダイアンの持つ鏡で髪形を整えつつ、彼女の持っているバナナを頬張る京介。

 彼らは次に、人気プロボクサーの沖山満が狙われるのではないかと睨み、ジャパンが丹下段平みたいなトレーナーに扮装して、密かに彼の警護をする。

 PDVD_009.jpg
 で、その沖山を演じるのが、後に「電子戦隊デンジマン」のレギュラーを務めることになる、内田直哉さんと言うのが面白い。

 一方、エゴス本部では、新たな怪人が生まれようとしていた。
 PDVD_010.jpg
 怪人製造機の中で悶える大前均。彼も後に「デンジマン」に出演するのは言うまでもない。

 PDVD_011.jpg
 ヘッダーの後ろには、網タイツ軍団と並んでマリーの姿もあった。
 マリー(大前均が悶えている!)

 やがて、大前均……じゃなくて、格闘技怪人が誕生する。

 怪人「サタンエゴスの息子、格闘技怪人!」
 ヘッダー「おお、皇子よ、皇子こそ、格闘技の王にふさわしいお方でございます」
 サタンエゴス「ヘッダー、直ちに格闘技怪人のデビュー戦の用意を致せ!」

 で、結局、エゴスは何がしたいのか、最後まで良く分からないのだ……。闇の格闘技界を支配して、利益を得る、と言うことだろうか? そのついでに格闘家を襲撃しているのは、ファンの子供たちを悲しませる為?

 PDVD_012.jpg
 命を受けたヘッダーは、格闘技怪人の相手に沖山を選び、そのジムに、網タイツの変態たちを引き連れ、そのままの格好で堂々と乗り込んでくる。よくここまで無事に来れたな。

 ヘッダー「フライ級世界チャンピオン、沖山満、お前は格闘技の王の挑戦者に任命された」
 ジャパン「待ってくれ、沖山選手は世界選手権があるんだ。そんな試合に勝手に任命されても困る」

 格闘技怪人も現れ、沖山を挑発する。
 沖山「俺はお前との勝負を承知しても良い。ただし、ひとつ条件がある!」
 ヘッダー「条件を聞こう」
 沖山「お前たちの仲間にブラック・タイガー マリーと言う女の子がいるな。もし俺が勝ったら、マリーを俺に返してくれ!」
 ジャパン「満君!」
 沖山「マリーは、俺の妹なんです!」

 ジャパン「なんだって?」
 沖山「父親は違うけど、同じ母親から生まれた兄弟なんですよ。母親が小さい時に死んで、俺とマリーは祖父に育てられました。その祖父も病死して、この世でふたりっきりの兄弟なんです!」
 ジャパン「その妹さんが何故?」
 沖山「1年前、突然行方不明になりました。俺はそれ以来、ずーっとマリーを探してたんです! 僕は妹の為に戦います!」

 沖山の提案をヘッダーは飲み、沖山とジャパンはエゴスの秘密訓練場へ連れて行かれる。

 後編に続く。

 (2016年4月6日加筆訂正)


関連記事
スポンサーサイト



コメント

冒頭で、闇の格闘士軍団に襲われるプロレスラー役で、
中屋敷哲也さんが出られてますね(^_^)

BFロボが怪人を倒した後のポーズがカッコ良くて
(^Д^)

Re[1]:(05/25)  

>冒頭で、闇の格闘士軍団に襲われるプロレスラー役で、
>中屋敷哲也さんが出られてますね(^_^)

あ、ほんとですね。中屋敷さん、色んな役でちょこちょこ出てられますね。

>BFロボが怪人を倒した後のポーズがカッコ良くて
>(^Д^)

確かに……侍っぽくて渋いですね。

しかし「バトルフィーバー」って、改めてチェックすると傑作の宝庫です。

Re:優しい世界を作ろうぜ「バトルフィーバーJ」セレクション 第16話 前編(05/25)  

>「ジャッカー電撃隊」のレギュラーだったミッチー・ラブさんである。その頃に比べて、スリムになってグッと綺麗になった気がする。

激しく同意です!!彼女にはもっともっと出て欲しかったなぁ・・・
内田直哉さんも大前均さんも良い味だしてますし
シナリオは穴が多いけど、兄妹愛を描いた良いエピソードだと思います。

Re[1]:優しい世界を作ろうぜ「バトルフィーバーJ」セレクション 第16話 前編(05/25)  

影の王子様
>激しく同意です!!彼女にはもっともっと出て欲しかったなぁ・・・
>内田直哉さんも大前均さんも良い味だしてますし
>シナリオは穴が多いけど、兄妹愛を描いた良いエピソードだと思います。

なかなか豪華な顔触れでしたね。
この記事、文字数が足りなかったので、小さい画像と混ぜて使ってるんですよね。見栄えが悪いので、そのうち手直ししておきます。

Re:優しい世界を作ろうぜ「バトルフィーバーJ」セレクション 第16話 前編(05/25)  

何故エゴスは格闘家を襲撃しながら非合法の地下プロレスを興行しているのでしょうか?何だかピントがずれているようですね😅

Re[1]:優しい世界を作ろうぜ「バトルフィーバーJ」セレクション 第16話 前編(05/25)  

ふて猫様
>何故エゴスは格闘家を襲撃しながら非合法の地下プロレスを興行しているのでしょうか?

何がしたいのか良く分からないですよね。

Re:優しい世界を作ろうぜ「バトルフィーバーJ」セレクション 第16話 前編(05/25)  

ケイコはプロレス(非合法団体)のチケットを誰と一緒に行くつもりだったのでしょうか?京介かジャパン辺りですかね😅

子供ぽいケイコと大人の魅力に溢れているダイアンとの好対照振りがハッキリとした作品ですね😁どちらも魅力的な女性ですね

Re: タイトルなし

この作品はほんとに女優陣が充実してますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター