fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第53話

【送料無料】仮面ライダー スカイラ...

【送料無料】仮面ライダー スカイラ...
価格:5,481円(税込、送料込)


 第53話「魔神提督の最期!そして大首領の正体は?」
 前回も書いたように、今回の予告編に洋は登場せず、映像とナレーション及び、新番組の「スーパー1」の紹介がチョロッとされるだけ。ただ、DVDの特典映像には、52話の予告編を流用した別バージョンの予告編が収録されている。どうして2パターンあるのか分からないのだが。

 前回の最後の続きから。スカイライダーと魔神提督の戦い。
 PDVD_001.jpg
 魔神提督が切り札として取り出したのは、自分の「入れ歯」だった。
 それを飛ばすのだが、あっさり蹴られて戻ってきて、自分の腕を噛まれてしまう。
 PDVD_002.jpg
 魔神提督「ううっ、しまった、この妖気入れ歯には改造人間の心臓を弱らせる毒液が……」
 なんか、藤木悠みたいになってますが……。
 あまりに情けないミスをした魔神提督、一旦撤退する。もっとも、後の展開からして、これも芝居だった可能性もありうる。
 PDVD_003.jpg
 さて、一方ブランカに、2号ライダーこと一文字隼人が現れる。
 ナオコ「いらっしゃいませ……あっ一文字さん」
 ナオコたちは以前、百鬼村で一文字と会っているので顔見知りなのだ。
 一文字「マスター、洋の両親が生きてたそうですね」
 谷「おー、一文字君、帰ってきてくれたか」
 一文字「ええ、アラスカからたった今」
 今回、ユミちゃんはこの後ろに顔が見えるだけで台詞なし。
 一文字は、洋たちが魔神湖に向かったと聞き、自身もそこへバイクを走らせる。

 敵の罠にはまったストロンガーこと城茂は、滝壺の岩に意識を失って横たわっていた。彼を見付けたのは、なんと、洋の死んだ筈の母親ではないか。

 PDVD_004.jpg
 洋は魔神提督のアジトへ侵入し、提督が「月光の間」にてさっきの傷を癒していると聞き、その中へ入る。
 洋の父であるかもしれない提督は、ガラスの棺の中で眠っていた。
 しかも、提督が付けている認識票には、しっかり「FX777」と刻んであった(前回参照)。
 洋「バカな、じゃあ、魔神提督が俺の父さん? バカな、そんなバカな! うおおーっ」
 頭を掻き毟って煩悶する洋だが、
 sky5201
 この芝居、前回と一緒だ。

 PDVD_005.jpg
 茂の方は、洋の母に手当てを受けて目覚める。
 母「あ、お気付きになりましたね」
 茂「あなたは……あなたは、筑波君のお母さんじゃありませんか」←なんで分かったの?
 茂はそこで、洋の知らない真実を聞かされる。
 PDVD_006.jpg
 洋は、自分の父である魔神提督を倒すべきか、助けるべきか、ハムレットのように苦悩していた。
 洋「今なら魔神提督を!」
 そこに置いてあった提督の剣を掴み、構えるが、そこで人間だった頃の父との思い出が洋の脳裏に甦る。
 これが、父親からボコボコに虐待されてるような回想だったら話は早いのだが、当然、その中では洋の父は優しい父であった。
 洋「俺に父さんは殺せない」
 だが、そこで魔神提督が目を開き、父として洋に語りかける。
 魔神提督「洋、どうした、今ならワシを殺せるぞ」
 洋「出来ないよ父さん」
 魔神提督「父と思うな。人間の敵と思え」
 洋「父さん……」
 魔神提督「それではお前はワシを許すのか、ネオ・ショッカーを許すのか」
 洋「それは出来ない……」
 そこへ変身した2号ライダーも駆け付けるが、決断は洋に任せる。結局、洋は魔神提督の体を棺から出し、背中に背負って運ぶことにする。月の光で魔神提督はどんな傷も治ってしまうのだが、それは同時に人間の心を失わせる効果もあると言うことで、ひとまず、月の光の当たらない場所へ移動させようということだった。
 だがその途中、洞窟の中で、
 魔神提督「洋この音がなんだか分かるか。心臓に仕掛けられた時限爆弾の音だ」
 洋「知っていたよ父さん、俺は父さんと一緒に死ねる覚悟はできているよ」
 魔神提督としては自分はほんとは父親じゃないとネタばらししたつもりだったのだが、すっかり信じ込んでいる洋は、驚きもせず父親と一緒に爆死しても良いと言うのだった。
 魔神提督(バカな奴め)

 PDVD_011.jpg
 一方、茂は、戦闘員や怪獣に襲われ、洋の母親を連れ去られてしまう。
 その後、魔神提督を背負っている洋と出会う。
 茂「お前は騙されてるぞ、お前のお父さんはな……見ろ洋」
 茂の指差した先には、氷の棺に入った紛れもない父親の姿が!
 茂「洋、お前のお父さんはな、ネオ・ショッカーの味方となることを拒んだために見せしめのために氷漬けにされて殺されたんだ」
 洋「爆破されたのは?」
 茂「ああ、変装したアリコマンドだったそうだ。それにお前のお母さんは生きてたぞ!」
 洋「母さんが……」
 PDVD_012.jpg
 魔神提督「うわーっはっはっはっ」
 長々と演じてきた芝居がばれたので、照れ隠しに大笑いする提督。
 そう、全て洋の心を鈍らせるための大芝居だったのだ。とすれば、救出された長沼博士から「FX777」=「洋の父親」と言う情報が伝わることまで見越していたのだろうか?
 ここは、やっぱり提督が本当の父親で、洋はやむなく父を倒すと言うハードな展開の方が良かったかな。脚本の江連氏もそう考えていたのか、後に「スーパー1」で、ほぼ同じ設定のメガール将軍についてはそちらを採用している。
 提督は、時限爆弾でライダーと心中しようとする。彼は後に首領の力で甦ることが出来るのだ。
 しかし、なんでわざわざ時限爆弾にしなきゃいけないのか、良く分からないのだ。いつでも好きな時に起爆できるようにしとけば良いのに。
 PDVD_013.jpg
 そこへ、2号ライダーも加わり、ぐだぐだな感じで洋から提督の体を引き離す。
 PDVD_014.jpg
 洋「行くぞ、ふんっ、スカイ、変身!」
 提督は、三人のライダーを巻き込んで自爆しようとするが、
 PDVD_015.jpg
 さすがに三人ライダーの敵ではなく、豪華なトリプルライダーキックを浴び、ひとりで爆発する。
 ま、ほっといてもどうせ3分後には爆発してたんだけどね。
 PDVD_016.jpg
 提督の心臓と頭部は大首領の手の平に落ちる。
 魔神提督「大首領様~何卒私をもう一度復元して機会をおあたえくだされい」
 首領「黙れ! 今度が最後だと言ったはずだ。貴様に用はない。廃棄処分にするー!」
 哀れ、提督は怪獣の手で握り潰され、綺麗な粉になってしまう。
 三人ライダーは、今度は大首領の祭壇へ向かう。
 と、先程連れ去られた洋の母親が下働きとしてこき使われていた。
 やがて大首領の声がする。
 首領「ネオ・ショッカーの科学者達よ、アリコマンド兵士達よ、そしてドクロ暗殺隊の隊員達よ、我は暗黒星雲の帝王にしてネオ・ショッカーの大首領なるぞ。これより我自ら地球侵攻の命令を下す。地球をネオ・ショッカーの支配下に置くのだ!」

 ネオ・ショッカーは、最初は多過ぎる人間の数を減らすと言うのがその設立趣旨だったんだけどね……。
 その後、ひとりになった母親に洋が近付いて感動の再会を果たす。
 PDVD_018.jpg
 2号とストロンガーが大首領をひきつけておく間に、洋が母親を外へ連れ出すことにする。
 二人の前にその全貌を現した大首領。
 ……
 なんか可愛い。

 PDVD_019.jpg
 二人は地上へ出てWライダーキックを放つが、あまりにでかいので全然利かない。2号がごっつうこっち見てる……
 ここでは、着ぐるみと、実物大の足や頭部を使って撮影されている。
 ただ「Xライダー」や「ストロンガー」の最終回でも感じたことだが、仮面ライダーと巨大な敵との戦いはどうも相性が悪いようだ。
 洋は、改めて父の眠る棺に手を合わせた後、母親を安全な場所へ連れて行こうとするが、ここで「つづく」のだった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

特撮作品で、幹部や首領って、あっさりやられ過ぎな感じが…(^^;;

もう少し強くて、ヒーローが苦戦してもいいと思うんですが…( ;´Д`)

Re:Re.(04/02)  

>特撮作品で、幹部や首領って、あっさりやられ過ぎな感じが…(^^;;

アポロガイストとか、ゼネラルシャドウとか、一味違う魅力的なキャラも実際はあんまり強くないですね。
ライダーはひとりだからしょうがないにしても、戦隊シリーズは5人もいるんだから、1人くらい殉職させても良いんじゃないかと思うことはあります。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第53話  

ジェネラルシャドウは十分強いと思うけど…

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第53話(04/02)  

カカ様
>ジェネラルシャドウは十分強いと思うけど…

うう、まぁ弱くはないけど、いつも策略を巡らして、タイタンみたいに真正面からぶつかっていかない印象が強いと思うのです。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第53話(04/02)  

どうも仮面ライダー達は恐竜との相性はイマイチのようですね〜😅デカいから勝手が違うのでしょうかね?

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第53話(04/02)  

ふて猫様

そうですね。ウルトラマンとは違いますからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター