fc2ブログ

記事一覧

「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編

仮面ライダー スカイライダー VOL.5 【DVD】

仮面ライダー スカイライダー VOL.5 【DVD】
価格:5,184円(税込、送料別)


 続きです。
 スカイライダーを除く7人のライダーは、ブランカの前を通って大首領との決戦へ向かう。谷やナオコたちも手を振って見送る。
 谷「スカイライダーは遂に現れなかったな……」

 PDVD_018.jpg
 がんがんじいは、自分も一緒に行くとライダーたちの後を追いかけていたが、疲れて倒れているところを洋に助け起こされる。
 洋「がんがんじい、元気でな!」
 それだけ言ってにっこり笑い、他のライダーに続いてバイクで走り出す洋。
 が「間違いない、洋さんは仮面ライダーや、おおーい、洋さーん、生きて帰ってくるんやでー」
 と言う訳で、最後の最後にがんがんじいだけスカイライダーの正体を知る。最後なんだから、ナオコたちが知っても良さそうなものだが、実は53話と54話では、洋は谷たちと全然顔を合わさないままなのだ。だから、52話でのブランカのシーンが、洋……つまり村上弘明さんと他のレギュラーとの最後の共演になるわけだ。

 PDVD_019.jpg
 洋「ふんっ、スカイ、変身! とおっ」
 バイクの上で最後の変身ポーズを決める洋。
 以降はずっとライダーの姿なので、洋としての映像も、これが最後になるわけだ。

 先行した7人ライダーは、土手の上に横並びになってから、1号の号令でネオ・ショッカー本部へ向けて進撃する。一人一人アップになるのだが、
 PDVD_020.jpg
 ライダーマンが、すげー弱そうなのが気になる。
 まあ、ライダーマンだけ役者の顔が一部見えてしまうからねえ。
 もっとも、33話に客演した時も、山口豪久氏はライダーマンのスーツは着てなかったけど。

 ……あ、突っ込むの忘れてた、ライダーマン、あんた死んだんじゃないの?(一応、恒例なので)

 7人は本部に通じる魔神湖に飛び込むが、直ちに吹き飛ばされる。大首領が迎撃に現れたのだ。
 今回も、怪獣の着ぐるみと、実物大の部分模型(頭部、足、しっぽなど)を利用した戦闘シーンになっております。

 PDVD_022.jpg
 踏みつける大首領の足に我も我もと群がるライダーたち。ちょっと情けない。

 PDVD_023.jpg
 うるさそうに振り払われるところもかなり情けない。

 やっぱり、ライダーと怪獣は相性が悪い。

 ライダーキックも利かないので、攻撃のために足やしっぽが近付いてきた時にどつきまわすしか手がないのだ。

 PDVD_025.jpg
 V3、ヒートアップし過ぎて、模型(ウレタン?)にマジで穴を開けてしまう。
 V3の中の人、後でスタッフにすっげー怒られんたんじゃないだろうか?心配だ。

 全く歯が立たないので、大首領もろとも死んでやれと自暴自棄になる7人。そこへやっとスカイライダーが登場する。
 スカイライダー「俺も戦線に復帰するぜ」
 2号「スカイライダー、お母さんはどうしたーっ」
 「お母さん」の話してる場合じゃないと思うんですが。

 スカイライダー「母は大首領に殺された。みんな俺にやらせてくれ!」
 大首領「来たなスカイライダー、貴様も両親の元へ送ってやるぞ」

 スカイライダー、ひとりで大首領相手にハッスルするが、7人ライダーでさえ勝てなかったのだから、勝てる道理はない。だが、あわや踏み潰されそうになったとき、
 PDVD_027.jpg
 隠し持っていた(何処にだよ……)ボウガンを取り出し、母親から聞いた弱点、右足の裏に矢を放つ。
 そう、ボウガンを海に捨てなかったのはここで使う為だったのだ。
 それに、母親の命を奪ったボウガンで大首領を倒すと言う洋の敵討ちにもなっている訳だ。

 大首領が怯んだ隙に、他のライダーが全員でキックを放つ。どてっと倒れる首領。
 さしもの大首領も息絶え絶えになるが、
 「おのれ、このまま死んでたまるか、こうなれば酸素破壊爆弾ともども自爆して、皆殺しだーっ」
 と、宙に舞い上がり、爆弾の浮かぶ東京上空へ向かう。

 PDVD_028.jpg
 スカイライダー「そんなことをさせてたまるか、みんな8人の力を合わせるんだ!」
 スカイライダーの言葉に、他のライダーが応じて輪を作る。それぞれ変身ベルトのパワーを全開にする。

 そこで実に久々の「セーリングジャンプ!」で、8人揃って飛翔し、大首領を追い掛ける。
 そして爆弾と大首領に接触すると、スカイライダーの「大気圏外に運ぼう」と言う言葉と共に、ぐんぐん上昇して行く。

 PDVD_029.jpg
 それを見上げている谷たち。ユミちゃん(左端)の事実上のラストカット。最後に台詞が欲しかった。
 谷「仮面ライダーは、大気圏外で大首領を始末する気だ」
 ほどなく、大首領と爆弾は爆発し、8つの光が星のように空に輝く。

 壮絶なライダーの死に、ナオコたちが嘆き悲しむ。
 谷「泣くんじゃないみんな。仮面ライダーは死んだんじゃない。必ず生きてる。君たちが呼べば、必ず、必ずどこからともなく飛んで来るんだ……」

 最後なんだから、洋がスカイライダーだって教えてやればいいのに。
 ただ、彼ら、がんがんじいにでも聞いて既にそのことを知っていたのかもしれない。女の子たちがこれだけメソメソ泣くのは、そのせいかもしれない。
 知らないとしたら、「ところで洋さんは?」などと聞くのが自然だしね。

 PDVD_031.jpg
 と、空に、8人のライダーの姿が幻のように浮かぶ。
 涙を拭ったみんな、それに向かって手を振る。
 ナレ「仮面ライダー8人の活躍で、ネオ・ショッカーは滅び、日本の危機は救われた。ありがとう仮面ライダー、さようなら我らの仮面ライダー」

 PDVD_032.jpg
 ところで、谷たちの右側に立ってる子供たちは誰?
 カメラが引くと、何の説明もなく登場するのでびっくりするだろが。

 画面に向かって手を振っているライダーたちの絵で、終わり。

 これにて全54話のレビューもおしまい。

 ……いやぁ、長かった。感無量である。

 しかし、実際彼らは死んだのだろうか? 次回の「スーパー1」は、過去のライダーが一人も登場しないので、死んだと見ると辻褄が合うのだが、その後の「ゼクロス」や「RX」にいけしゃあしゃあと出てくるからなぁ。

 さて、レビューそのものは終わったが、この企画、まだまだ続くのである。ヒーッ。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

スカイライダー全話レビューおつかれさまでした!
楽しく読ませていただきました。
キレーダさんの画像もたくさんあって、うれしかったです(笑)。

8人ライダーは、スーパー1では劇場版に登場しますね。
あの劇場版はけっこう楽しかったように記憶しています。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

>こぞうさん

お久しぶりですね。長い間のご愛読ありがとうございました。

>8人ライダーは、スーパー1では劇場版に登場しますね。

そうでしたっけ? 完全に忘れてました。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

「Who are us?私達は何者
Where we go?どこへ行くのだろう
毎朝悩んで、私達は今日も行く

テレビ見れば誰かの横顔、小難しい文句並べてる
町へ出れば都会の喧騒、ケンカ騒音、人が多すぎる
こんな毎日に埋もれるべきなの?

答えはOf course not!埋もれたら終わりだ
Let's protest!抗う心を持て
この世の中で、輝き生きるため・・・。」

と、いうわけで小うるさファイブ(うるせーっ!てか、テーマ曲書くんじゃねえっ!)。

ショッカー首領に攻撃され、飛行機ごと富士に墜落した悪徳代議士a。一人富士の樹海をさまよいますが、やがて工事場にたどり着き、作業員を脅して食事をとります。
が、先を読んだショッカー首領が出現。
作業員達はスタコラ逃げ出し、aはプレハブガレキの下敷きに。

そこへ仮面ライダー達、そして小うるさファイブが到着。
ライダー達は大首領を足止めすると同時に、aを助け出そうとします。

しかし、それに対し、悲痛な叫びを放つ美子。
「aを助けてどうなるの?彼はあなた達を利用するだけ利用して、挙げ句に殺そうとしたのよ!助けたらまた同じことをしないとどうして言えるの?
あなた達にとって『悪』って何なの?ショッカーがこの世の全ての『悪』で、人間はみんな『善』なの?
違うわ!本当の『善』も『悪』も人間よ!ショッカーなんかじゃない。人間の味方も敵も、人間なのよ!」

美子の叫びを聞いてしまったライダー達とショッカー首領。
ライダー達は思わず皆、動きを止めてしまいます。
と、首領が突然高笑いしたかと思うと、その体が怪しく点滅し始めます。それは大規模自爆でaを道連れにしようというものでした。
仮面ライダー達は一瞬迷いますが、やがてaを諦め、美子達を連れて急いで離れることを選びます。
a議員「(情けない声で) 待って、私を見捨てな・・・」
大首領「ワアハッハッハッハハハハハハ!
ワシはまたいつかよみがえる。さらばだ、仮面ライダー!
そして小娘と子分共!お前達と共に作戦を立てれて楽しかったぞ!さらばだ!また会おう!ワアハッハッハハッハハハハハハハハハハハハ・・・。」
a「嫌だあああぁぁぁぁぁぁ!」


・・・大首領と共に半径1キロメートルほどが消滅。
ライダー達と美子達小うるさファイブの五人は避難し、無事でした。
しかし、皆浮かない顔で、大首領が自爆したあとを見ていました・・・。

その後、ライダー達と話し合う小うるさファイブ。

二号「これから君たちはどうするんだ?」
美子「あなた達は私達をどうしたいの?刑務所送り?それとも・・・。」
V3「・・・君たちは悪人なんかじゃない。自由の中で人生をやり直すべきだ。」
美子「無理よ。私達は裏街道でしか生きれない。」
アマゾン「そんなこと!君達には知恵と勇気がある。」
X「それに愛と友情と正義感も。」
ストロンガー「君たちが悪人ばかりショッカーに襲わせたのは、正義感があったからだろ。」
ライダーマン「今なら俺たちは君らを許せる。」
スカイライダー「お願いだ、日本で・・・。」
一号「好きにさせよう。」
二号~スカイライダー+小うるさファイブ「えっ!?」
一号「今は彼らの望む生き方をさせよう。だが、次に会ったときは、必ず穏やかな人生を歩んでいると信じて・・・。」

そして美子達小うるさファイブは香港へと戻り、またマフィアのもとで生きるのでした。
危険で、どす黒く汚れていて、それでもなお、人間として輝き生き続けるために・・・。

と、いうわけで、「小うるさファイブ・ショッカー篇」(何が「篇」だよ!)は幕を下ろします。

お付き合いいただき(付き合っとらんわ!)有難うございました。
そしてまた美子達が再始動する日まで・・・(もう知らん)。
駄長乱文失礼いたしました。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

妄想大好き人間様

お疲れ様でした。

長えよ!

しかし、最後にちょろっとスカイライダーが混じってるのが笑えました。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

「スカイライダー」の無料配信の2回目もほとんど観ました。
やはり「スカイライダー」って「全般的に」面白いです
(「BLACK」はインサイド・ストーリーが最高だけどそれ以外に駄作が多過ぎる)。

半年違いの「スカイライダー」と「ウルトラマン80」。
どちらも路線変更とメインライターの交代という共通点がありますが
主役のマイナーチェンジ&先輩戦士の登場が違いますね。

同じ路線変更でも「80」がどんどん尻つぼみになっていったのに対し
「スカイ」はどんどん面白くなっていきましたね。

しかし、個人的には初期の路線の方が好きなのは変わりません。
7人ライダーの登場がなく、「人間減らし計画」もブレなかったら・・・は見たかったです。
あとはOPもEDも変えて欲しくなかった・・・

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

影の王子様
>同じ路線変更でも「80」がどんどん尻つぼみになっていったのに対し
>「スカイ」はどんどん面白くなっていきましたね。

まるっきり対照的ですよね。

>しかし、個人的には初期の路線の方が好きなのは変わりません。

1話で洋の友人たちが生き埋めにされたり、割とハードな作風でしたよね。第1クールとそれ以降の作風が異なるのは結果的に元祖「仮面ライダー」を踏襲する形になりましたね。

>あとはOPもEDも変えて欲しくなかった・・・

激しく同意です。初期のOP・EDは、仮面ライダーシリーズ中でも屈指の名曲です。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

大首領との最終対決シーンで使用されている採石場は、ストロンガーの最終回でのそれと同じ場所だそうです!スタッフの皆さんの中では最終回ロケ地として思い出深い場所として二度に渡り選ばれたのでしょうか?
またがんがんじいが、善人側では谷のおやっさん以外で初めて洋=スカイライダーである事に気付くと言う重要な役回りを担っているのが嬉しいですね。因みに聞いた話によると台本上では、おやっさんがナオコたちに直接
「洋は、仮面ライダーなんだよ。」
と明かすドラマチックな場面があったそうですが、オンエアでは(多分尺の都合で?)残念ながらオミットされています。ラストでナオコたちもその事を既に知っている様に見えるのもそのせいかもしれませんね。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

また、この華麗かつ壮大な「スカイライダー」の最終回の丁度翌日に放送された「デンジマン」では、イエローに助けられた捨て犬(トリスウィスキーのCMに出てきた様な子犬)が、べーダーに拉致されてしまったイエローに恩返しをする言うまるで対照的な人情話をやっていました。同じ東映の特撮番組でもカラーが好対照な物を二日間の内にやっているというのが面白いです。因みにそのお話の撮影中に初代アイシー役のワンちゃんが死亡したとの事です。見た感じもかなりの老犬だった様でしたしね・・・。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

笑太郎様
>大首領との最終対決シーンで使用されている採石場は、ストロンガーの最終回でのそれと同じ場所だそうです!スタッフの皆さんの中では最終回ロケ地として思い出深い場所として二度に渡り選ばれたのでしょうか?
>またがんがんじいが、善人側では谷のおやっさん以外で初めて洋=スカイライダーである事に気付くと言う重要な役回りを担っているのが嬉しいですね。因みに聞いた話によると台本上では、おやっさんがナオコたちに直接
>「洋は、仮面ライダーなんだよ。」
>と明かすドラマチックな場面があったそうですが、オンエアでは(多分尺の都合で?)残念ながらオミットされています。

いつも色々な情報ありがとうございます。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

笑太郎様
>また、この華麗かつ壮大な「スカイライダー」の最終回の丁度翌日に放送された「デンジマン」では、イエローに助けられた捨て犬(トリスウィスキーのCMに出てきた様な子犬)が、べーダーに拉致されてしまったイエローに恩返しをする言うまるで対照的な人情話をやっていました。同じ東映の特撮番組でもカラーが好対照な物を二日間の内にやっているというのが面白いです。

そう言えば「デンジマン」と同時期の作品なんですよね。確かにだいぶ色合いが違いますね。
あいにく、犬のエピソードは特に面白くなかったのでスルーしちゃいましたが。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

こんばんは、楽しく拝見させて頂きました。
実はスーパー1の劇場版で8人ライダーが登場し死んでなかった事になってました。

Re[1]:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

たくろう様
コメントありがとうございます。

>実はスーパー1の劇場版で8人ライダーが登場し死んでなかった事になってました。

ま、仮面ライダーは不滅ですからね。

こんにちは  

個人的には風見志郎や結城丈二や神敬介も再登場してほしかったっす(役者さんの都合もあるでしょうが…)。

しかし、村上弘明氏・佐々木剛氏・荒木しげる氏は仮面ライダーシリーズにはこれが最後の顔出し出演ですな。お疲れ様でした。ちなみに、佐々木剛氏だけはZXにも一応出演はあったものの、火事による火傷の為声のみの出演となりました。

村上弘明/筑波洋の以降の客演がないのも非常に残念です。



Re:こんにちは(04/11)  

あにあに様
>村上弘明/筑波洋の以降の客演がないのも非常に残念です。

そうですね。でも客演を一切しないのも潔くて良いと思います。

Re:「スカイライダー」を心ゆくまで楽しむ奴 第54話 後編(04/11)  

どうも路線変更は➖になる事が多いようですね〜😅大首領も足の裏が弱点という致命的な欠点が無ければ、もう少し健闘(最後は負けるでしょうが😅)出来たのではないのでしょうか?

村上さん

村上さん、2018年2月、奥さんのすすめで受診した人間ドックで大腸がんが見つかり
幸い、超初期のステージ0だったため、大腸を30㎝切って全快したそうです。
それにしても、奥さん、あらゆる面で完璧超人過ぎる!

Re: 村上さん

超ラッキーでしたね。

勝手が違う?

やはり普段怪人と戦っているので、怪獣相手だと勝手が違う(或いは戦い慣れていない)ようですね😅

Re: 勝手が違う?

ライダーと怪獣は相性悪いですよね。

No title

8人ライダーは巨大怪獣のような姿が正体であるネオショッカー大首領を8人のエネルギーを合わせた合体セイリングジャンプで宇宙の果てまで運びましたが、大首領の爆発とネオショッカー基地が全滅で爆発する描写(えしゃ)はありませんでした。2代目おやっさんこと谷源次郎は後番組「スーパー1」にも出演します。その谷がマスターを勤めた喫茶店の「ブランカ」はもう閉店になったのだろうか。

Re: No title

すぐ新しい店を始めたところを見ると、谷ってお金持ちなんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター