fc2ブログ

記事一覧

「仮面ライダースーパー1」を再評価 37話

仮面ライダー スーパー1 Vol.4(完)(DVD)

仮面ライダー スーパー1 Vol.4(完)(DVD)
価格:10,143円(税込、送料別)



 第37話「巨腕コマ怪人! 灯台の死闘!!」

 ハルミたち少年ジュニアライダー隊は合宿訓練のため、千葉県某所へ来ていた。

 PDVD_001.jpg

 そう、フラミンゴと言えば滑川アイランド、滑川アイランドと言えばフラミンゴと言われる(誰も言ってねえよ)、地球最後のリゾート施設「滑川アイランド」である。

 無論、年に一度の慰安旅行を兼ねた撮影である。

 PDVD_003.jpg

 彼らが到着する頃、千葉県支部のメンバーが、ハルミたちを出迎えようと向かっている途中、海岸の岩場でジン・ドグマの怪人コマサンダーとスーパー1が戦っているのを目撃する。

 良く見れば、スカーフの色が黄色(本物は赤)で、一切言葉を喋らないのでニセモノだと分かるのだが、そのスーパー1、怪人に頭をカチ割られて殺されてしまう。なかなかえげつないシーンである。
 ダミーのスーパー1を倒した怪人「ご覧のとおりだ鬼火司令」と呼びかける。

 PDVD_004.jpg

 と、巨大な爆炎が上がり、それと同時に岩陰から鬼火司令が現れる。
 鬼火「はっははははははっ」

 どう考えても鬼火司令、部下の戦いぶりを「ご覧」遊ばしていなかったと思うが。

 PDVD_005.jpg

 鬼火「このロボットスーパー1の力は本物のスーパー1と全く同じ」
 コマ「なるほど」
 鬼火「それを簡単に片付けるとは、お前は頼もしい奴だ」
 コマ「そうだ、コマサンダーは強いのだ」

 怪人にタメ口を利かれていることに鬼火司令は薄々気付いていたが、メンタルヘルスの為、あえて気付いていないフリをするのだった。

 少年たちは、すぐに東京の本部へ連絡し、それはすぐハルミたちにも伝わる。

 PDVD_006.jpg

 少年のひとりはコマサンダーたちを尾行する。怪人は灯台の中へ入っていった。灯台の職員らしい男が続いて入ろうとするのを少年は止めるが、男は信じず灯台へ近付く。
 と、奇妙なビラが飛んでくる。

 「命令書」ってあるけど、全然「命令」してないような気がする。「宣言」はしてるけど。

 PDVD_007.jpg

 男はバカバカしいとそれに火をつけるのだが、普通はクシャポイするだろう。不自然な行動を取らせたのは、その火の中から鬼火司令が登場するからである。

 PDVD_008.jpg

 鬼火司令「ははははっ、ガタガタ喚くな、命が惜しけりゃ俺の言うことを聞け」
 男「ここここ断る!」
 鬼火司令「断れば、死ぬぞ」

 男は逃げ出すが、コマサンダーに殴られて気を失う。殺さないの?

 その後、スーパー1がコマサンダーと戦うが、海中に没して生死不明となり、ハルミたちも捕まってしまう。

 PDVD_009.jpg

 作戦が順調で上機嫌の鬼火司令。

 鬼火「ははははははっ」
 魔女参謀「たかが灯台ひとつを占領するのに、ま、随分時間のかかること」
 鬼火「スーパー1を片付け、チョコマカ小僧どもを全員捕らえたこの手際、ガタガタ言ってもらいたくない」
 妖怪王女「まあ、それはご苦労様だこと」
 鬼火「ケッ、空々しいことを言うなぁ」

 こういうとても人間臭いやりとりが、「ジン・ドグマ篇」の楽しみである。

 PDVD_010.jpg

 そこへファンファーレと共に、悪魔元帥の御出座。いつものように魂が抜けている……と言うか、哀愁を帯びた眼差しである。

 PDVD_011.jpg

 悪魔「鬼火司令! 『東京湾火の海作戦』の進行状況を聞かせよ」
 鬼火「はっ、岬灯台を占領しました。この灯台より海上を通過する石油タンカーを次々とコマ爆雷で撃沈、東京湾は火の海になること間違いなしです!」

 雑に引かれた海岸線と言い、一隻一隻形の違う船のシルエットと言い、実に手作り感溢れる作戦地図である。
 鬼火司令の台詞では、既に何隻もタンカーを沈めたようにも聞こえるのだが、実際は、灯台をひとつ占領しただけのようだ。

 PDVD_012.jpg

 鬼火司令の横で、妖怪王女はなんとなく濡れた目で虚空を眺めていた。たぶん、演じる吉沢由起さん、「こんなことしてていいのかしら? もう結婚しちゃおうかしら」などと考えていたのではないだろうか。

 ちなみに撮影時、彼女は24歳で、この数年後に結婚・引退されているようだ。

 PDVD_013.jpg

 灯台にコマ爆雷がトラックで搬入される。

 コマ「早く爆雷を下ろせ!」
 戦闘員「きぃーっ」
 コマ「早くやれ!」
 戦闘員「きぃーっ」

 口うるさく指図するのだが、その直後には「取り扱いには気を付けろよ」と注意するコマサンダー。部下に嫌われるタイプである。

 PDVD_014.jpg

 しかもその貴重な爆雷を、ハルミたちを処刑するのに使うのだから、訳が分からん。

 PDVD_015.jpg

 マサコ「みんな頑張るのよ!」

 何をどう頑張るんだよ。

 無論、彼らに出来ることはスーパー1に助けを求めることだけ。実は既に、一也、チョロ、谷たちが戦闘員に化けてハルミたちの近くにいたのだ。

 PDVD_017.jpg

 一也は子供たちから取り外した機雷を逆にコマサンダーに近づける。

 コマ「よせ、それはよせ! やめろ、危ない」

 PDVD_018.jpg

 一也は子供たちが安全なところへ逃げたのを見計らい、スーパー1に変身する。

 その前に、戦闘員の服を一瞬で毟り取るシーンがあるのだが、脱ぐ前に下の服が見えちゃってるのが残念。「美女シリーズ」の天知茂の早着替えには遠く及ばない。

 PDVD_019.jpg

 コマサンダー、スーパー1にぐるぐる振り回されて、「目が回るーっ」と苦しむ。

 PDVD_020.jpg

 が、直後には、自らの頭を回転させてスーパー1を攻撃するのだった。

 お前の三半規管はどうなっとるんだ?

 善戦するが、最後はスーパー1に蹴り殺される。

 PDVD_021.jpg

 面白いのは、怪人が倒された後、鬼火司令が「おのれ、スーパー1」と悔しがり、さらに他の三人の幹部がその場に登場すること。

 魔女参謀「あはははは、おかしいったらありゃしにゃい」(ママ)
 妖怪王女「子供なんか相手にしてるからこういうことになるのよ」
 二人はさんざん鬼火司令をコケにするが、最後に顔を出した幽霊博士は、

 幽霊博士「まあまあそう内輪揉めしてる場合じゃないでしょう」
 と、とりなすのだった。

 彼らがここにいるのは、慰安旅行に彼らも参加してるからだろう。加地さん(悪魔元帥)
は来てたのかなぁ。

 PDVD_023.jpg

 最後、ハルミたちに背中を押されてプールに落ちる一也たち。

 なお、一也は色気のないトランクスを履いているが、

 PDVD_062.jpg

 一年前、前番組の「スカイライダー」では同じ場所で、筑波洋(村上弘明)はもっこりビキニで攻め、テレビの前のお母さんたちの視線を釘付けにしていたのである。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

配信で観たら、千葉県支部のジュニアライダー隊の片方が
「ゴーグルファイブ」のコンボイの井浦秀知さんでした。
これがデビュー作みたいです。

しかし、ジンドグマ幹部の四人組を見てると癒されますね・・・
鬼火司令もカッコよく思えてきました。

Re[1]:「仮面ライダースーパー1」を再評価 37話(02/13)  

影の王子様
>配信で観たら、千葉県支部のジュニアライダー隊の片方が
>「ゴーグルファイブ」のコンボイの井浦秀知さんでした。
>これがデビュー作みたいです。

お、そうでしたか。気付きませんでした。情報ありがとうございます。

ほのぼのとした会話

どうも鬼火司令と魔女参謀のやりとりは余り緊張感がないようですね😅悪魔元帥が上司になってからほのぼのとしたやりとり会話が多いのは気のせいでしょうか?

Re: ほのぼのとした会話

ほっこりしますよね。

スケールが小さい

どうも大層な作戦の割には実際に占領したのは灯台一つだけですか?石油タンカーを地雷で爆破💥させるのはいつの間にか消えてしまったようですね😅

Re: スケールが小さい

セコい作戦でしたね。

スーパーヒーロー大戦にて

映画のスーパーヒーロー大戦で大ショッカーの怪人にコマサンダーが出ていましたけれど、スーパー1、デンジマンチームVSコマサンダーの場面があったらどんな戦いになると思いますか?
1.デンジマンがデンジブーメランを作る時、スーパー1がファイブハンドのそれぞれの能力(冷熱ハンドの冷気と炎、エレキハンドの電気、レーダーハンドの電波)をデンジブーメランを構成するデンジスティックの刃に素早く注ぎ、そうなったデンジブーメランをスーパー1がファイブハンドの能力を注がれてない刃の1つをパワーハンドで掴んで、それの強烈な腕力で円盤投げのやり方で投げて、コマサンダーを倒す。
2.デンジマンの5人全員がデンジパンチを手に嵌めて、デンジレッド以外はボクシングの様々な違う技で1人ずつコマサンダーを殴って行き、(デンジピンク(ここでは彼女のデンジパンチはゴーカイジャーが変身した時同様拳です)のフック、デンジグリーンのストレート、デンジイエローのジャブ、デンジブルーのアッパー)デンジレッドの空手の突きでコマサンダーがフラフラになると、とどめはスーパー1がパワーハンドでメガトンパンチ
どっちになると思いますか?

Re: スーパーヒーロー大戦にて

そう言えば出てましたね。

どっちかと言うと2のほうが派手で面白そうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター