fc2ブログ

記事一覧

「スケバン刑事2 少女鉄仮面伝説」セレクション 第42話 前編


 第42話「少女鉄仮面伝説・完 さらば2代目サキ」(1986年10月23日)

 とうとう最終回に到達である。ここまで投げ出さずに書き続けた自分を誉めて上げたい。

 さて、前回からの続きで、危ないところを西脇に助けられ、そのまま鎌倉の老人の屋敷へ向かっているサキ。

 PDVD_000.jpg
 ただ、いきなりその開いた門から玄関先に突入するのはいくらなんでも乱暴な話である。

 直ちに、「影」たちが銃を撃ってくるが、彼らの姿は一切映さない、省エネ撮影が採用されている。

 PDVD_001.jpg
 二人は車を捨てて、広大な庭園に侵入する。

 PDVD_002.jpg
 その頃、信楽老の庵では、そばに侍っていた蘭丸がいきなり短刀で老人を刺し殺そうとしていた。

 しかし、信楽老はその手を取り、逆に刃先を蘭丸に擬す。

 信楽「ふっふっふっふっ、それほどまでにワシが憎いか? 折角育ててやったのにその恩を忘れおって」
 蘭丸「何が恩だ、お前は我々に悪を仕込んだ、憎しみと野心だけを教えた!」

 なんとなくヒワイな展開になりそうな気がする……(するな)

 PDVD_003.jpg
 そこへ「影」のひとり(久保寺健之さん?)が報告に来る。
 影「お取り込み中のところ失礼します」
 信楽「全然取り込み中じゃねえよ!」

 じゃなくて、
 影「お館様、麻宮サキが邸内に潜入いたしました」

 サキと西脇は堀の中を走った後、互いに軽傷を負い、橋の下に入って一旦腰を下ろす。

 PDVD_004.jpg
 その間もひっきりなしに銃弾が飛んできて、銃やヨーヨーで応戦する二人。

 攻撃が一段落してから、サキが「人並みの幸せは知らんまま死んでいかにゃならんのかもしれんちゃ」と珍しく弱気なつぶやきを漏らす。
 西脇「人並みの幸せより、もっと大切な物をお前は掴んだ筈だ……失われれば二度と戻らぬ命、だからこそ、半端に使い捨てちゃいかん! お前は精一杯生きた。お前の友人達もだ。俺は羨ましいぞ……」
 サキ「おまんは何の為に戦うぞね?」

 PDVD_005.jpg
 唐突なサキの問い掛けに、なんともいえない表情になる西脇。もう最終回である。出し惜しみはしない。

 西脇「かつて、お前にそっくりなある女性を愛した……可愛い少女が一緒だった。心の底から救いたいと思った。ただ、幸せに逃げ延びてくれと願った。だが俺には救えなかった。だから俺は一生かかっても、その少女の行く末だけは見守ろうと考えたんだ」

 在りし日の道子や、道子とサキを連れて逃走中の西脇の姿が回想される。
 そう、西脇はサキの母・道子を愛していたのだ。

 これが大映ドラマだったら、サキの本当の父親が西脇だった、なんてことになるんだろうな。

 西脇「既に苦しむ運命は決定付けられた少女だった。だったら思い切り苦しめばいい! ただ、そのつらさから逃げる子だけにはしたくなかった。少女の母親は絶対に娘にそれを許さなかっただろうからだ。サキ、分かるか? 愛することは勇気だ。戦いだ、相手との、そして己との……」

 サキ、初めて西脇の気持ちを知り、思わず嬉し涙をこぼすのだった。

 ……「したくなかった」とか言ってるけど、サキが母親を亡くして17才になるまで、西脇は特にサキのことを気遣った形跡が見えないんだけどねぇ。

 水を差すようだが、この辺はいかにも後付けされた設定のように聞こえる。

 PDVD_006.jpg
 一方、信楽老は、急ごしらえの祭壇の中で、キドラの秘宝に向かって熱心に祈りを捧げていた。

 「何十年間に渡って日本を影から支配してきた化け物」らしいが、後ろには美少年(蘭丸)が縛られており、これだけ見るとただの変態にしか見えん。

 影「お館様、お取り込み中のところ失礼します」
 信楽「だから全然取り込んでねえよ!」

 じゃなくて、
 影「お館様、奴らまだ庭の橋の下に閉じ篭もって抵抗しております」
 信楽「釘付けにしておけばよい」

 蘭丸は、それを聞いた後、自力でロープを解いて逃げようとする。咄嗟に信楽老の投げたナイフが背中に突き刺さるが、蘭丸はそのまま行ってしまう。
 信楽「蘭丸、お前の最後の使い道だ」

 サキと西脇は次々と襲ってくる「影」に苦戦していた。「影」のひとりに羽交い絞めにされたサキを、「影」の背中に短剣を刺して救ったのは、意外にも蘭丸だった。

 蘭丸は信楽老の居場所をサキに教えに来たのだ。だが、西脇は蘭丸に刺さったナイフから時限爆弾の秒針の音を聞き取り、なんとかそれを抜こうとする。

 PDVD_009.jpg
 蘭丸「これは父が特別に作らせた凶器です。決して抜けないのです」
 サキ「どうするんじゃ西脇さん!」
 西脇「……」
 蘭丸「行って下さい、巻き添えになりますよ」
 西脇「信楽老は必ず倒す、必ず!」

 西脇の言葉に頷くと、蘭丸は二人から離れて駆け出す。
 サキ「蘭丸ーっ!」

 サキの叫びも空しく、蘭丸は爆死する。
 かつては敵だった蘭丸の為に、再び涙を流すサキだった。

 その後、いかにもナメラさんが出てきそうな鬱蒼とした森の中へ踏み込む二人。

 PDVD_012.jpg
 落とし穴に引き摺り込まれそうになったサキを助けようとした西脇が、遂に「影」の銃弾に倒れる。

 サキ「西脇さん、西脇さん!」

 PDVD_014.jpg
 西脇の体に縋りつくサキの後ろに、「ははははは」と哄笑を放ちながらラスボス信楽老が登場。

 怒りの眼差しを向けるサキ。
 サキ「許さん、許さん、許さん、許さん、許さんぜよ! 梁山高校3年B組麻宮サキ、またの名を早乙女志織、これはこの戦いに関わった戦士たちの真心の代紋なんじゃ、この代紋ある限り、うちは絶対におんしを倒す!」

 ヨーヨーをかざし、最後の決まり文句を放つサキ。

 信楽老「ワシは人を超越した存在じゃ。不老不死となり、時代を超えて、愚かな人間どもを支配し管理する。それはワシの愛なのだ!」
 サキ(……)

 サキ、ひょっとしてこの人、ただのボケ老人なのではないかと少し心配になる(註・なるか)

 無論、サキは徹底抗戦を宣言する。
 信楽老は、ラスボスだけであって老人の割には強く、杖でサキの胸を突いて昏倒させる。

 PDVD_017.jpg
 信楽「お前の寿命、ワシが引き継いでやる。死ねい!」

 PDVD_016.jpg
 トドメを刺そうとした信楽老を止めたのは、死んだ筈の西脇の銃弾だった。

 それでも、信楽老はよろめきながらその場を去って行く。

 西脇「サキ、生きてるのか……」
 西脇は再び意識を失い、二人揃って夜まで眠り続ける。

 サキは意識の底で、今まで関わってきた色んな人たちとの思い出に浸っていた。

 やがて月蝕が始まり、満月が僅かの間、影に蝕まれる。

 PDVD_018.jpg
 信楽「ワシの勝ちじゃ。永遠不滅の生命がワシの物となる! それで全てはワシの思うがままに! あーっはっはっはっ……」

 権勢欲に取り憑かれた怪物・信楽老……、その非現実的な存在に血肉を与える森塚敏氏の名演技である。

 果たして、このまま信楽老は不老不死となってしまうのだろうか?

 後編に続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

スケバン刑事には龍虎の拳外伝に登場して1の藤堂竜白の娘で合気道をベースにして厳しい母親を持つ154cm・45kgと小柄な藤堂香澄みたいな真面目な子供は少ないですね。

龍虎の拳外伝の藤堂香澄
https://www.youtube.com/watch?v=XFtcboj8Gs0" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=XFtcboj8Gs0

龍虎の拳外伝は鞭使いの割に甘い性格の173cm・56kgとプロポーション抜群なフリージャーナリストのレニィ・クレストンが左下+Aか右下+Aとデモンストレーション画面を逆手に取った隠し追い打ち攻撃が心強く病み付きにもなるのでハンディキャップを付けてレニィ・クレストンはハードモードで挑ませてます。

ちなみに声優さんは今タイで会社を設立した社長の石田久巳さんです。

暗闇に包まれた御金持の屋敷を好むシンクレアは遺跡で見付けた剣を武器としてラストボスで墓場に居るワイラーの家臣で175cm・58kgとキングと同じ体型かつ声も生駒治美さんで、精々MVS泊まりでチビデブの王覚山に対しては何度もやられた末に気付いた事で下手に動かずタイミング良くCボタンによる強攻撃だけで十分で追い打ち攻撃は必殺技のダイブソードの方が隙も少なくて便利です。

シンクレア役の生駒治美さん
http://jpro-y.com/talent/ikoma.html" target="_blank">http://jpro-y.com/talent/ikoma.html

又、藤堂香澄は親父と違って可愛いからKOFシリーズにも登場してますし、声は弓雅枝さんです。

藤堂香澄役の弓雅枝さん
http://www.children-workshop.co.jp/profiles/profile_qyu.html" target="_blank">http://www.children-workshop.co.jp/profiles/profile_qyu.html

弓雅枝さんの役はKOFのバイスは豹をモチーフにした投げ技専門でレオナもKOF99で習得出来たイヤリング爆弾以外は使い難い役ばかりです。

Re[1]:「スケバン刑事2 少女鉄仮面伝説」セレクション 第42話 前編(12/30)  

クッカリス様

コメント&リンクありがとうございます。

信楽老の夢を叶えるんだ(๑•̀ㅂ•́)و

Re: タイトルなし

良いオヤジでしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター