FC2ブログ

記事一覧

「乳姉妹」 第27回「片腕のトランペッター」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第27回「片腕のトランペッター」(1985年10月22日) の続きです。 さて、路男、一向に治療の効果がないことに苛立ち、とうとう診療所から逃げ出してしまう。 その後、路男が再びライブハウスに出ると知った千鶴子たちは、再び路男の楽屋に押し掛ける。  雅人「田辺!」 路男「よお、見てくれよ、ピンピンして戻ってきたぜ。いい先生が見付かってさ、腕落と...

続きを読む

「乳姉妹」 第27回「片腕のトランペッター」 前編

大映テレビ主題歌コレクション 〜TBS編〜 [ (オムニバス) ]楽天で購入 第27回「片腕のトランペッター」(1985年10月22日) 前回の続きから、診察室で主治医の白川医師と一対一で向かい合っている路男。 腕のレントゲンを見せられ、かなり深刻な病状だと言われるが、自分でも薄々覚悟していたのか、取り乱すこともなくサバサバした様子で単刀直入に尋ねる。  路男「で、なんなんだい?」 白川「悪性の腫瘍だ」 路男「悪性の...

続きを読む

「乳姉妹」 第26回「死ぬときは天使」

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第26回「死ぬときは天使」(1985年10月15日) 優子が、ドラマを盛り上げるためだけの理由で非業の死を遂げてしまうエピソードだが、このサブタイトルはちょっと引っ掛かる。 確かに優子はかつて不良少女であり、ヤクザの情婦でもあったのだが、劇中ではその名の通り、基本的に常に優しく善良な女性で、路男にとってはそれこそ「天使」のような存在だったのだか...

続きを読む

「乳姉妹」 第25回「若きトランペッターの死」

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第25回「若きトランペッターの死」(1985年10月8日) 前回のラストから引き続き、真鶴のしのぶの実家で睨み合っている4人の若き主人公たち。 ヤクザから逃げようと崖から海へ飛び降りて岸辺に打ち上げられてずぶ濡れになって震えて死にそうになっていた雅人を、偶然発見したしのぶが、千載一遇のチャンス到来とばかり病院にも連れて行かず自宅にくわえこんで、...

続きを読む

「乳姉妹」 第24回「時間よ止まれ永遠に」

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第24回「時間よ止まれ永遠に」(1985年10月1日) 冒頭、千鶴子が、雅人に伴われて久しぶりに自分から大丸家の門をくぐる。 12話のラストで超ド級メイクを披露して家を飛び出して以来、途中、無理矢理屋敷に連れて来られたことはあったが、自らの意思で戻ってきたのは、実に久しぶりのことであった。  色々あって、すっかり心を入れ替えて真面目になった千鶴...

続きを読む

「乳姉妹」 第23回「ふたつの恋戦争」

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第23回「ふたつの恋戦争」(1985年9月24日) 前回、協力して和太鼓を叩かせることで千鶴子としのぶの融和を図った若山だったが、そのくらいのことでわだかまりが解ける筈もなく、二人はひそかにタイマンで決着をつけようと約束し、  それぞれ木刀を手に、武蔵と小次郎のごとく、轟々と流れる川をバックに戦いを始めるのだった。  しのぷ「千鶴子、負けたほ...

続きを読む

「乳姉妹」 第22回「憎しみの乱れ打ち」

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第22回「憎しみの乱れ打ち」(1985年9月17日) しのぶと雅人の婚約を知って自暴自棄になった千鶴子は、自らの意思で銀行強盗を働いたと偽りの証言をして、毎度おなじみ、少年鑑別所に送られる。 月日は矢のように流れ、千鶴子の処分を決める、家庭裁判所の審判の日が近付き、大丸家に、両親にも出席するようにとの葉書が届く。 だが、剛造はまだ病み上がりの...

続きを読む

「乳姉妹」 第21回「牢獄で知った婚約」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第21回「牢獄で知った婚約」(1985年9月10日) の続きです。 一方、路男は、口では断ったもののやはり千鶴子のことが気になり、昔のツテを利用して、塗装店の作業員として、警察署に潜入することに成功していた。  路男「すまねえな、うまく潜り込ませてもらって」 作業員「いいって、いいって、お前にゃあ年少で世話になったからよ」 「年少」と言うのは...

続きを読む

「乳姉妹」 第21回「牢獄で知った婚約」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第21回「牢獄で知った婚約」(1985年9月10日) 前回のラストの続きから、とうとう強盗犯の一味として警察に逮捕されてしまった千鶴子。 財閥の令嬢としての威光も、今と違っておっかない刑事たちには通用せず、連日過酷な尋問を受ける。 刑事たちは千鶴子が自分の意志で強盗を働いたと言うストーリーを描き、その線に沿って千鶴子に自白を迫るが、逮捕直前、...

続きを読む

「乳姉妹」 第20回「少女の見た地獄」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第20回「少女の見た地獄」(1985年9月3日) の続きです。  路男と千鶴子が監禁されている部屋に、意外な人物が入ってくる。 路男の母親・育代と、そのコワモテの部下たち、そして、  猫「うにゃあああうー」 ぬいぐるみのように大人しい、育代の飼っているシャム猫である。 この一見コワモテの人たちも、撮影の合間にはきっとこの猫にデレデレしていたの...

続きを読む

「乳姉妹」 第20回「少女の見た地獄」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]楽天で購入 第20回「少女の見た地獄」(1985年9月3日)  前回のラストから、猛たちに誘拐されて倉庫街で父・剛造が自ら身代金5000万を持って迎えにきてくれるのを祈るように待っていた千鶴子だったが、無情にも彼女の前に現れたのは、剛造ではあらで、腹心の手島だった。  手島「私は大丸会長の秘書をしている手島と言うものだ。会長は事情があって来れなくなった。私が...

続きを読む

「乳姉妹」 第19回「哀愁の波止場」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:20520円(税込、送料無料) (2019/9/14時点)楽天で購入 第19回「哀愁の波止場」(1985年8月27日) の続きです。 その後、路男は教会に逃げてきた優子から、母親の所在を知らされる。  優子「路男、お母さんが見付かったのよ」 路男「お袋が?」 優子「新宿のキャバレー大東洋、お母さんはそこで社長をしてるそうよ」 若山「路男、会って来い」 路男「……」 て...

続きを読む

「乳姉妹」 第19回「哀愁の波止場」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:17544円(税込、送料無料) (2019/9/14時点)楽天で購入 第19回「哀愁の波止場」(1985年8月27日) さあ、気合入れていくか。 前回、なんとか覚醒剤から手を切り、ひとまず若山の教会に保護されている千鶴子。  ひとりで、一心に神に祈りを捧げていたが、 千鶴子「イエス様、この18年間、私を支えてきたのは私が大丸家の娘と言う誇りでした。その誇りが撃ち砕かれ...

続きを読む

「乳姉妹」 第18回「わたし達の明日」 後編

大映テレビ主題歌コレクション 〜TBS編〜 [ (オムニバス) ]価格:2571円(税込、送料無料) (2019/7/27時点)楽天で購入 第18回「わたし達の明日」(1985年8月20日) の続きです。 一方、剛造たちも千鶴子のことは諦めて、食事だけ済ませて店を出ようとするが、  路男「剛造さん、頼みがあるんですがね」 剛造「ほう、頼みとは」 路男「あんたの日程が知りたいんです」 手島「会長、この男はそれを知って襲う気ですよ」 路...

続きを読む

「乳姉妹」 第18回「わたし達の明日」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:17474円(税込、送料無料) (2019/7/27時点)楽天で購入 第18回「わたし達の明日」(1985年8月20日) 書き始める前に、気合を入れる必要のある「乳姉妹」のお時間です。 それにしても、千鶴子もしのぶも現役の女子高生なのに、学校に行ってる様子が全くないというのも変だよね。ま、今は夏休みとはいえ、この後も、学校のシーンはほとんどなかったと思う。 だから、...

続きを読む

「乳姉妹」 第17回「はぐれ狼の初恋」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:16625円(税込、送料無料) (2019/7/6時点)楽天で購入 第17回「はぐれ狼の初恋」(1985年8月13日) の続きです。 その夜、猛がいきなり窓の外から千鶴子の病室に入ってくる。 あの、ここ、4階なんですけど……  猛「てめえ、俺をコケにしやがって、勝手に仲間を抜けて良い思いをしようたってそうはいかねえぞ」 千鶴子「もう、あんたたちとは縁切りだよっ」 猛、...

続きを読む

「乳姉妹」 第17回「はぐれ狼の初恋」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:16007円(税込、送料無料) (2019/7/6時点)楽天で購入 第17回「はぐれ狼の初恋」(1985年8月13日) タイトルからも分かるように、路男が初めて千鶴子への愛を認識する、大きなストーリー上の転換点となるエピソードである。 冒頭、紅葉坂教会に来ているしのぶと静子。 若山は、教会で預かっている青少年たちに、しのぶを紹介する。  若山「えー、今日からこのしの...

続きを読む

「乳姉妹」 第16回「あい求めよ迷える魂」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:15535円(税込、送料無料) (2019/6/1時点)楽天で購入 第16回「あい求めよ迷える魂」(1985年8月6日) の続きです。 その後、少し落ち着いたしのぶは、念のため、千鶴子と一緒に昨夜のビルに行き、黒沼の死体を確認しようとするが、  千鶴子「死体なんてどこにもないじゃないか……」 果たして赤い塗料のようものが床に残っているだけで、黒沼の死体は忽然と消えて...

続きを読む

「乳姉妹」 第16回「あい求めよ迷える魂」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:16900円(税込、送料無料) (2019/6/1時点)楽天で購入 第16回「あい求めよ迷える魂」(1985年8月6日) なんじゃ、このサブタイトルは? さて、前回のラスト、とある港の朝ぼらけ、優勝賞品・千鶴子を賭けた路男、雅人、猛による、チキンレースが行われようとしていたまさにその時、遂に千鶴子の口から、彼女が剛造の実の娘ではなく、しのぶこそ剛造の娘だったことが...

続きを読む

「乳姉妹」 第15回「不良少女ふたり」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2019/5/4時点)楽天で購入 第15回「不良少女ふたり」(1985年7月30日) の続きです。 鬼神組の事務所と言うか、溜まり場。 千鶴子は、ダーツの腕前を披露して、猛たちから喝采を浴びていたが、 千鶴子「こんなのつまんないよ、こんなんじゃ何にも燃えないよ!」 相変わらず千鶴子姫のご機嫌はうるわしくない。 ま、元々大丸家の令嬢と...

続きを読む

「乳姉妹」 第15回「不良少女ふたり」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:17544円(税込、送料無料) (2019/5/4時点)楽天で購入 第15回「不良少女ふたり」(1985年7月30日) ようやく折り返し地点か……気が遠くなるな。 花火大会の夜、正当防衛とはいえ、生まれて初めて人を傷つけてしまい、しかもその現場を父・剛造に目撃されてしまったしのぶ。 千々に乱れる乳、いや胸を抱いて、路男のバイクの後ろに乗って逃走中であったが、不意に路男...

続きを読む

「乳姉妹」 第14回「これが今の私です」 後編

大映テレビ主題歌コレクション 〜TBS編〜 [ (オムニバス) ]価格:2313円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)楽天で購入 第14回「これが今の私です」(1985年7月23日) の後編です。 夕暮れ時、しのぶがアルバイトニュースを手に歩道橋の上に立って電車が走るのを眺めていると、  向こうからいきなり静子と耐子が走ってくる。 この、岩本多代さんの、シャツ越しにかすかに透けて見える白いブラに「おおっ」となったら、あなた...

続きを読む

「乳姉妹」 第14回「これが今の私です」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:17544円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)楽天で購入 第14回「これが今の私です」(1985年7月23日) 前回のラスト、実父・剛造の実業家としての恐ろしい一面を覘いてしまったしのぶは、千鶴子が自宅に帰りやすくなるようにと、妹の耐子にも内緒で、置き手紙を残して家を出て行ってしまう。 翌朝、その置き手紙を読んでいる剛造たち。 千鶴子に続いてしのぶまで家...

続きを読む

「乳姉妹」 第13回「愛からはぐれた」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2019/3/2時点)楽天で購入 第13回「愛からはぐれた」(1985年7月16日) の続きです。 翌朝、剛造はなんとなくそわそわした気持ちで、千鶴子に会ったらまずなんと言おうかとなどと話していた。雅人は、剛造が来ることを伝えに、先に千鶴子のところへ行っていた。 だが、そこへ、機先を制するように竹岡が来訪し、雅人の結婚相手には千鶴子...

続きを読む

「乳姉妹」 第13回「愛からはぐれた」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2019/3/2時点)楽天で購入 第13回「愛からはぐれた」(1985年7月16日) 前回のラスト、千鶴子がド派手な不良メイクをして、雅人との婚約披露パーティーに乱入してから、はや1週間が過ぎた。 剛造が朝刊をテーブルに叩きつけて怒声を放っている。  剛造「誰が私より先に間違い探しを解いたんだぁっ?」 雅人(やべぇ……) じゃなくて、...

続きを読む

「乳姉妹」 第12回「私は不良少女!」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2019/1/26時点)楽天で購入 第12回「私は不良少女!」(1985年7月9日) 再び大丸家。 しのぶと和解した筈の千鶴子だったが、それでもまだ以前のように闊達に振舞うことができず、食事の席にも出たがらず、相変わらず部屋に篭りがちだった。 剛造も、千鶴子の気持ちを察して、しばらくそっとしておいてやろうと言う。  しのぶ「お父さん...

続きを読む

「乳姉妹」 第12回「私は不良少女!」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2019/1/26時点)楽天で購入 第12回「私は不良少女!」(1985年7月9日) 「ええ、またぁ~?」 これは、今回の台本の表紙を見た伊藤かずえさんが思わず発した言葉である(たぶん) 前回の続きから、真鶴の大丸家の別荘の庭で、雅人と路男が激しく殴り合っている。 自分の為に戦う雅人の姿に胸を熱くする千鶴子であったが、「自分にはもう...

続きを読む

「乳姉妹」 第11回「さよなら貴男」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2018/12/29時点)楽天で購入 第11回「さよなら貴男」(1985年6月25日) の続きです。 明け方、路男は真鶴の海岸の岩場に、千鶴子と一緒に座って海を見ていた。  路男「何があったか訳はきかねえ、だがな、事故であんたに死なれちゃ俺が困るんだ」 千鶴子「何故私をここに連れてきたの?」 路男「あんたと一緒に真鶴の海を見てえと思っ...

続きを読む

「乳姉妹」 第11回「さよなら貴男」 前編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 前編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2018/12/29時点)楽天で購入 第11回「さよなら貴男」(1985年6月25日) 見た人の100人中100人が、「貴男(たかお)って誰?」と、首を傾げてしまうサブタイトルの11話である。 無論、これは、「たかお」じゃなくて、「あなた」と読むのだろうが、それにしても、誰が誰に対して「さよなら」と言っているのか、良く分からないのだ。千鶴子が...

続きを読む

「乳姉妹」 第10回「血は嘘をつかない」 後編

大映テレビ ドラマシリーズ 乳姉妹 後編 [ 伊藤かずえ ]価格:18468円(税込、送料無料) (2018/12/8時点)楽天で購入 第10回「血は嘘をつかない」(1985年6月18日) の続きです。 「悪は急げ」と言うことわざもあるように、千鶴子は帰宅するなり、オペレーションを開始する。 まず、中庭の花壇を鈴子たち三人のお手伝いが手入れをしているのを、その真上のベランダから見下ろしてから、しのぶをそこへ呼び寄せる。  しのぶ「...

続きを読む

プロフィール

zura1980

Author:zura1980
70~80年代の特撮、80年代のドラマを中心に紹介しています。

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター